ハナ差で勝つ!!!

JRA、地方競馬の予想・研究ブログ

2020オークス各馬評

時間的に、ピックアップして書きます・・・

乗り替わりと6戦以上のキャリア持ちは圧倒的不利のため基本消しで。

 

①デゼル

前走のスイートピーSは時計面では過去10年でトップタイの数字。

特筆すべきは後半3Fのラップ11.4-10.9-11.2のなか一頭違う脚で差し込んできたことは能力の高さを証明している。最内の差し馬という点は?

 

②クラヴァシュドール

1600~2000が守備範囲の中内田厩舎であることがネックだが特注血統のND系が内包されているのはプラスだし、サウジRCのパフォーマンスがあれば。

 

④デアリングタクト

この馬1強は間違いない。それ以外はほぼ団子状態。

血統的に根幹距離、坂、距離延長とパフォーマンスが上がることは明らか。

あえて不安点を挙げるならば枠的に揉まれそう。

 

⑥リアアメリ

鞍上見て即消しといってもいい。勝ちに行く乗り方ができるならメイチだったダノンファンタジーを馬券内にできたはず。しかも2400mで中内田厩舎?ただ前走は道悪、前々走は展開不利と度外視できる内容。マイラー体型だけに距離に対応できるかがカギ。調子自体はよく一発があるならこの馬。ラウダシオン、アーモンドアイ続いてシルクがG13連勝あるか。

 

⑪リリーピュアハート

実績では劣るもののオークス狙いのローテ。

血統も母系にガリレオ(ND系)が内包されているのはプラスで兄弟に青葉賞勝ち馬がいることも強み。厩舎の稼ぎ頭である福永Jが継続騎乗することも心強い。

 

⑫マジックキャッスル

前走は道悪が堪えた。

レシステンシアやマルターズディオサ、ミヤマザクラとも接戦しているという実績がありながら評価が低い。しかもクイーンCは12.7-11.7の加速ラップで差し込んできており(一緒に突っ込んできたアカノニジュウイチは次走スイートピーS3着)高速馬場でも差しが動けるいまの馬場なら見せ場あるかも。

 

⑬ウーマンズハート

H氏が本命にしていることが気になるがリアアメリアと同じことが言えて、桜花賞は道悪、チューリップ賞は休み明け。得意の左回りに戻って一変あるかどうか。また西浦厩舎は叩いてよくなるタイプで師はラストオークスで思い入れもあるだろう。母系にND系を持っていることもいい。

 

⑱サンクテュエール

派手なタイプではないが勝負根性がある馬。アルテミスは伸びなさそうで2着に、シンザン記念では競り合いをものにし1着。正直戦った相手が弱いかと思ったが、ズルズルいってもおかしくない展開でしぶとさ見せた桜花賞の内容からヒケを取らない。大外枠でも周りにテンが速いタイプがいないので出していけば展開利を見込めそう。それを可能にできる鞍上に思う。