ハナ差で勝つ!!!

JRA、地方競馬の予想・研究ブログ

2020皐月賞回顧 ~初心に帰ってフォーメーション馬券~

最近投資の本も読んでいるのだが

 

「卵はひとつの籠に盛るな」

 

という格言がある。

 

簡単に言えば分散投資である。

 

これを自分の馬券に当てはめれば

 

単勝という一つの籠に銭を盛ってしまっているということだ。

 

1着にならなきゃパーなのだから

 

バイオリズムに大きく左右される。

 

よく単勝は実力が出るといわれ自分もそう信じてきたが

 

負け惜しみでもなんでもなく運否天賦に左右されやすい馬券なのだ。

 

何千万と稼ぐ双馬氏でさえスランプ率が高いと評している。

 

大負け大勝ちを繰り返していたら流石に自分も学習しなければと思い

 

今回は自分の馬券の原点である三連複フォーメーションに帰ることとした。

 

久々に打ったがいい具合に力が抜けた。

 

軸は3着以内で良いというのは全然違う。

 

今年の皐月賞はその点サリオスは絶好の軸馬となった。

 

戦前は距離不安説がささやかれたが陣営は問題ないと明言していたし

 

血統的に延長が得意の血統。

 

そもそもスピードが要求されるタイプのレース故仮にマイラーだとしても

 

皐月を勝つ馬は過去にもいた。

 

堀厩舎自体が人気×外人で買いの厩舎。

 

しかもわざわざレーンJを配する徹底ぶり。

 

3列目はほぼ全通りなので問題なく

 

あとは2列目。

 

外枠が有利かつ中山に向いた走法で馬券に絡めそうなのは

 

ガロアクリークしかいない。

 

ヴェルトライゼンデも考えたが前哨戦は伸びしろが感じさせないレース内容だった故

3列目のみに。

 

結果、90倍台の配当を的中。

 

今後はこれで賭け金を抑えつつここぞの単勝勝負というスタイルを取りたい

 

少なくともJRAに関しては。

 

そしてありがたいことに

 

得意のばんえい競馬開幕もある。

 

昨年はプラス収支で終われてノウハウも少しづつ整ってきた。

 

こちらはむしろ単勝で手堅く数万円が稼ぐことはJRAよりも難しくないので、無理に連複系でいかなくてもいいかも。

 

だが頭数のわりにつくときはつくので考え物ではあるが。