ハナ差で勝つ!!!

JRA、地方競馬の予想・研究ブログ

大阪杯回顧

今年も負けた大阪杯

 

2択でミスるパターン

 

当初ワグネリアン本命も当日は欧州より、スタミナよりの血統が占め

ラッキーライラックかブラストワンピースの二択となった。

 

先週川田で負けたからというのもあったが

追い切りよく、返し馬もよかったからである。

 

一方ラッキーライラックはかかっているように見えたので後者を選択。

 

しかし、

 

よくよく考えてほしい

 

絶対適条件じゃないじゃん。ブラストワンピース。

 

大型馬、内枠、出足もそれほどではない上

 

不器用な馬のため内回りは合わないし

 

時計がかかる非根幹距離じゃないとダメ。

 

しかもG1の川田である。

 

前年もそうだったがG1の川田は絶対買ってはならないことを

 

身に染みて理解した。

 

ルメールや強力助っ人外人がいないなか、これである。

 

その点デムーロはこういう時はうまい

 

というか元々うまいのだ。

 

ムラっ気がひどいだけで、平場はいらないが大舞台は切ってはいけない。

 

そもそも馬自体が優秀なのだからヤネだけで不安視するのはおかしい。

 

前走は勝ち馬のダノンみながらザ前哨戦という乗り方。

 

今回はダノンが逃げたことによってより競馬がしやすかったのでは。

 

少なくともタフじゃなきゃ走れないとか出遅れ癖があるわけでもないのだから

 

圧倒的に不安要素がないのはラッキーライラックのはずだった。

 

ブラストは位置取りが絶望的。

 

昨年と同じく外まわして惨敗。

 

3角の動きはよかっただけに位置取り次第では馬券内は十分あったと考えられる。

 

宝塚記念に出るならば100%人気するから買いたくないけれども

 

次狙うならここになってしまうのだろうか。

 

G1レースはレースのタイプと馬のキャラクターを重ね合わせることが

 

平場より容易なのだから正しい判断が出来ているかどうかが如実にでると思う。

 

まあ当初ワグネリアンにぶち込む予定だったことを考えると

 

軽傷で済んだともいえるし、

 

取り返そうと余計な馬券を買わなかったのは良いことだと思う。

 

しかし、無観客になってまったく当てられない

 

博打はリビングで打つもんじゃないな

 

得意のばんえい競馬もお休み中で万事窮す。

 

 

まだまだトンネルは長そうだ。