ハナ差で勝つ!!!

JRA、地方競馬の予想・研究ブログ

心が折れかけた高松宮。船橋では今後も山口騎手に注目!

高松宮記念はある意味ついていたのかもしれない。

 

近5走は左回りしかも重賞で差のない競馬。

しかも差しがきいている馬場となれば

 

穴馬としてクリノガウディーを指名するのは言うまでもない。

さらにマイナスか±が走るレースにおいて‐2kg。

 

しかし外枠気味であったことや大荒れするレースではなく

内枠で好位をとれる馬となればダノンスマッシュ。

当日の傾向に合致していたしマイナス体重だった。

 

例年のG1は内枠ばかりで嫌う必要はなく、陣営もさすがに勝ちたいはずで仕上げているはずと思っていたが

 

10着

 

相変わらず前哨戦オタクのダノン馬。

戦前、前走のオーシャンSはメイチとされたことを関係者が口々に語っていたが

まさにその通り。

 

そもそも長く脚が使えないタイプ。中京に向くわけなく・・・

 

一方クリノガウディーはというと目の覚めるような末脚。

その瞬間一気に自分の血流が逆流。

 

終わったな・・・

 

そう思えたがゴール手前で斜行。

 

4着に降着し馬券外。

 

これ、もし買っていたら本当に立ち直れないところであった。

 

昨年の大阪杯

 

追いかけてきたアルアインではなくステルヴィオを選んだあの悪夢がよみがえる。

 

得意のばんえい競馬がしばらく打てないことを考えるとますます苦しい時期。

 

外す。外す。

 

複勝すら外す。

 

ようやく10万単位の勝ちが見えたらするりと2.3着。

 

 

ただ今回の高松宮記念で勉強になったのは

 

久しぶりにツイキャスをやろうと一頭一頭の解説を用意していたことで

当初挙げていた予想は大きくずれていなかったことにある

何ならあたっていた・・・

 

単勝で勝負するかぎり、バイオリズムの波はほかの券種に比べ大きくなる。

根拠や理詰めがより重要になる。

最近忙しかったのもあるがネット競馬にあげるコラムもないがしろにしていたことも

良くない傾向だと思う。

 

今回は両方久しぶりに取り組んだからこそクリノガウディーを☆にし

モズスーパーフレアも紐に入れることができた。

 

自信を持とう。

 

間違いがもしあれば、昨年末や秋口。一昨年の冬と入れ食い週が毎年続かないだろう。

 

取り返しに行く馬券はいらない。あるいは潔く。

 

博打とは自分との闘い。

 

精神との闘いだ。

 

生涯のテーマ。

 

もはや理論とか買い方ありきではない。

 

精神という土台があり、理論という柱が建てられる。

 

こんなところで負けているなぞまだまだ。

 

大阪杯も継続しやっていこう。

 

 

さて今日から始まった船橋競馬

 

南関競馬をはじめ、大井と並び相性がいいコース。

 

最終レースのみ。

 

二択だった。

 

キングイスカンダルかハッピーテーラー

 

前者は時計を詰めてきているし末も確実。

林厩舎で山口J乗り替わりは勝負どころ。

 

後者は前走叩いて真島J乗り替わりは勝負どころだし

クラス的にも有利。

 

結果ハッピーテーラー選び痛恨4.

 

前者は2着で生き残ることができたはずであった。

 

ハッピーは向こう正面押上げこれはいけると思ったが直線入ってガス欠。

ほぼシンガリにいたキングが猛然と差し込んできた。

 

 

正直仕掛け次第で結果は変わっていたと思えるレース内容だった。

 

では、なにを決めてにするべきだったか。

 

 

 

 

やはり当地騎手である。

 

本橋、山口の両騎手は船橋限定で買える騎手。

 

前者は短距離、後者はマイル付近で

 

厩舎は

 

本橋×石井

山口×林

 

いうまでもないが本橋Jに関しては山中先生とのコンビは全買いレベル。

 

山口Jは基本林先生の主戦なので買い時は難しいが

 

今回みたいに乗り替わりなら注目すべきだし

 

そもそも昨年は自ら動いていく積極的な競馬が目立ち

 

昨年他場の川崎でも勝率22%

 

ちなみに現在、南関4場の勝率は17%。

 

リーディング(南関勢のみカウント)で森・御神本・矢野に次ぐ4番目。

 

一般には地味かもしれないが今年も躍進を見せてくれるはずだ。