ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018TCK女王盃予想

インチーと言い切るには短絡的すぎるが内枠が良さげな馬場。

また傾向は変わるかもしれないが当日の傾向に注意。

 

さて、明日のメイン重賞TCK女王盃ですが思っているより混戦な感じ。

先週シャケトラで復帰後中央の重賞を取った角居厩舎の勢いそのままに

ラビットランが有力だろうが・・・・

 

 

本命はブランシェクール。

 

前走は大幅プラスの馬体重。前有利の特殊馬場で参考外。

今回は偶数番と揉まれない外目の枠で前の馬を見ながら競馬が出来そう。

兄弟には昨年末の全日本2歳優駿を勝ったノーヴァレンダ。

 

 

対抗はエイシンセラード。

 

好枠を引いたのもあるが、かなり詰めてきている時計を評価したい。

4歳馬が好調なレースだし、前走3番人気の馬の勝率は22%。

 

 

単穴はアイアンテーラー

 

大外でもこの頭数なら。メンバー見てもハナ確定。着は拾うはず。

しかし前回のコースを考慮すると、前走のような楽な競馬はできない。

 

 

惑星はクレイジーアクセル。

 

調教が抜群に良い。勝った東京湾C以外の近走は10F。この馬には長い距離。

今回距離短縮と控える競馬で生え抜きの地方馬最先着は現実的。

人気的に軽視し始めた今回は妙味。勢いある鞍上で尚良し。

 

 

注はビスカリア。

 

終いに関してはメンバー随一。

東京大賞典掲示板のエイコーンに0.2差。

JBCレディスクラシックではアンジュデジールに0.6差。

実力は近走からも間違いない。

後方からの競馬で、今日の馬場を見る限り厳しそうではあるが

後ろ過ぎなければ前が作るペース次第で単もあるのでは。