ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018東京大賞典予想

実質5~6頭のレース故の難しさはありますが、

 

オメガパフュームを有力視。

 

近走のJDDやJBCクラシック・チャンピオンCを見ると、

距離ロスや枠の不利であれだけ走れることは力がある証拠。

 

今の大井の馬場であれば、馬格が多少劣っても内枠引いたことは

間違いなくアドバンテージ。

 

対抗のケイティブレイブは前走苦手な中京と西日でまともに走れず度外視。

JBCクラシックの走りから間違いなく充実期。

陣営的にもここは取りたいはず。

 

面白いのはアポロケンタッキー

前走は明らかに公開調教。

トロールVTR見ると内枠なのにも関わらず1コーナー手前から外に進路。

向こう正面ではさらに外を走っていた。

当日内を取った馬が好走、というか勝負にならなかったことを考えても

馬体が減らないことを意識した走りだったのでは。

絞れていればチャンスあり。

 

動きがいいサウンドトゥルーは展開がカギ。

 

ゴールドドリームは臨戦態勢で嫌われるなら買いたい。

 

クリソライトは長期休養明け叩き3戦目。

近走上位馬に2着と見ても劣るとは言えず、ヒモ穴として押さえても。

大井を知り尽くした乗り役というのもプラス。

年齢だけが気になるところ。

 

あとは2枠の地方最有力スーパーステションとモジアナフレイバー。

脚質が正反対の2頭。

自分の競馬に徹してどこまでやれるかとても楽しみである。