ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018勝島王冠予想

◎ヒガシウィルウィン
 ⇒前走は不利があったということだがそれでも2着までもってきたことは

  地力のある証。マイルよりも少し長い今回は向くだろうし、叩き三戦目で復権

 

〇モジアナフレイバー
 ⇒今年ダート界で3歳馬は無視できない。
  斤量による恩恵もあるがなんといっても馬体重大幅増で圧巻の前走。
  調教もいい動きで勝ち負け。

 

▲リコーワルサー
 ⇒この厩舎で真島Jを降ろす理由が分からないが、

  笹川Jは昨年の成績を超えているので軽視は不要。
  前走勝ち馬が強かったが休み明け+11㎏。一叩きした今回、
  この枠であればメンバー的にスンナリ先行できそうで逆転あっても。

 
☆キングニミッツ
 ⇒大外だが過去見るとあまり関係はない。

  相手は強いが前走川崎からの遠征は100%馬券になっている。
  大井1800は2戦2勝。門別の1800重賞でも好走していし、
  ムラッ気のある乗り役だからこそノーマークの今回は面白い。
 

注クリスタルシルバー
 ⇒前走が出来すぎ感も強い競馬。ルヴァンスレーヴに0.3差は本物。
  自在性がありそうで、連勝も十分考えられる。
  ただ距離的にはマイル付近が丁度いいのでは?

 

ユーロビート
  ⇒あくまで紐までだが、冬場は走るし乗り役は高齢馬が多い高知で

   そういった馬を走らせる技術があるのではないかと。(確証はないが)
   サクラシャイニーの印象が強すぎるからかな。

   距離はこれより長い方がいいかもしれないが
   ロスなく運べたら馬券内あっても。