ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018ロジータ記念予想

◎クレイジーアクセル
⇒大井所属も近走は川崎に集中。ここ狙いなのが明白。
 距離的な不安もあるが叩き三戦目。
 戸塚記念では大外枠から牡馬相手に果敢に先行し3着は力がある証拠。
 また、前回敗れたゴールドパテックとは今回枠の優劣は無くなる。ここでリベンジ。
 
〇ファーストスキップ
⇒クラス的には足りないところがあるが、前走は昇級プラス古馬勢も圧倒。

 しかも馬券になった先行馬はこの馬だけ。
 内枠を取ってきていることや森Jが継続騎乗することは期待大。

 

▲ゴールドパテック
⇒鞍上が主戦の山崎Jに。

 復帰後は結果が出ているし大外でもエスコートしてくれるはず。
 近年はSS系の血統がよく馬券になっていることも後押し。
 
☆ミスマンマミーア
⇒大井と並んで成績が良いのが船橋所属の馬。展開的に注文がつくものの、
 昨日の川崎の馬場なら差し勢も十分届く。
 また前走の戸塚記念と当レースの相性は良い。
 3着だった黒潮盃では1着馬が中央へ、2着馬はマイルグランプリで強い勝ち方。
 
注クロスウィンド
⇒門別の重賞で結果が出ている上、SS系と並びミスプロ系も走るレース。
 時期的にも好走しやすい。

 王冠賞で下したマッドドッグは転入してすぐ南関で勝利している。
 
穴タオルデスカーフ
⇒同じく船橋所属の馬かつ差し馬。
 中央から移籍してここ5戦は上がり1位2位のみ。
 タフな中山1800で対応できていることから距離はこなせる。
 ハービンジャー産駒は揉まれ弱いため砂に向かない血統と言われているが今回外枠。
 延長もいいタイプなので位置取り次第で突っ込んでくる可能性も。