ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018ジャパンカップ予想 ~穴馬も外国人Jから~

久々に中央競馬の予想した(汗)

宜しければご参考に。

 

 

【傾向メモ】


・先行や好位差しがベスト。
・単は5番人気からが妥当。
・内有利も15~17番が10年で8頭馬券に絡む。
・4~5歳

・リピーターに注。
・血統はSS×ND。NAやトニービン絡みの血統も。
・ローテは秋天上位組で惜敗した馬。近年は京都大賞典組も絡んでいる。

外厩は断然天栄・しがらきを使ってきている馬。
 アーモンドアイ:天栄
 サトノダイヤモンド:しがらき
 サトノクラウン:しがらき
 ミッキースワロー:天栄
 シュヴァルグラン:天栄
 スワーヴリチャード:しがらき

 


『JCは穴馬×外国人Jにチェック!』

⇒ただでさえ外国人Jの存在感が増す中、JCも例外ではない。

 ここ10年ほぼ毎年5番人気以下の馬を馬券内に導いている。

 極端な枠の時は特に注意したい。


 2017 白:シュヴァルグラン1着:ボウマン(5番人気)
 2016 緑:サウンズオブアース2着:デムーロ(5番人気)
 2015 赤:ラストインパクト2着:ムーア(7番人気)
 2014 黒:エピファネイア1着:スミヨン(4番人気)
 2013 赤:トーセンジョーダン3着:ビュイック(11番人気)
 2011 桃:トーセンジョーダン2着:ウィリアムス(6番人気)
 2010 白:ヴィクトワールピサ3着:ギュイヨン(8番人気)
 2008 桃:スクリーンヒーロー1着:デムーロ(9番人気)



 
 
 
【結論】


サトノダイヤモンド
リスグラシューにようやくG1勝利をもたらした鞍上に期待。
 上記に挙げたデータからもここで復活の走りを望める。
 
○アーモンドアイ
⇒枠の時点でキタサンと同じ忖度パターンでは。
 しかし前走+14㎏であのパフォーマンス。一叩きした今回嫌うことはできない。

▲スワーヴリチャード
⇒前走は競馬になっていない。鞍上が秋G1で運がない状態だが適性的に有馬よりここだろう。

シュヴァルグラン
⇒人気の盲点になる。メンバーで実績はNo.1。さらに友道厩舎で外厩ではなく厩舎仕上げはG1パターン。昨年と同じローテで連覇もありうる。

△キセキ
秋天では見せ場。先行できる強みがありタフな昨年の菊花賞を勝っているようにスタミナも生きる。ただルーラーシップ自体2・3着が多かったことを加味して連下に。
 
注サンダリングブルー
⇒海外遠征で実績あり。重賞勝ちとG1好走は、左回りで長い直線を持つ競馬場ということもプラス。

穴ミッキースワロー
札幌記念本命もごちゃついた直線で無理をせず、馬券外。
 間隔はあいたが乗りこめている。父は京都新聞杯レコード勝ちからダービー3着。
 兄弟のトーセンジョーダンはJCで二回馬券に。
 血統的に東京は向く。ただ今年の産駒を見ていると距離的には2・3着止まりが多い。