ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018ハイセイコー記念予想

【メモ】

・外枠の成績が良い。5・7・8枠。

・単は4番人気以内が妥当。

船橋、大井所属馬に良績。

・前走1、2着。

・前走4角1・4・5番手。

 

【結論】

ラプラス

⇒1頭だけ脚色が違う。前走は+13㎏。一叩きしてここが照準と見た。

 今を時めくノーザンF天栄を使っていることも加味。

 

シビックヴァーゴ

⇒笹川Jが自厩舎の馬を選択したことや本命馬と好勝負を演じてきたことから評価。

 前走前々走で大外発走が今回最内でどう影響するか。

 

▲グラビテーション

⇒叩き4戦目。前走は相手が強いものの、平和賞を勝ったヒカリオーソに先着。

 展開的にもよく食い込んだとみている。

 

☆チューダ

⇒大井のマイルで場数を踏んでいることに好感。叩き三戦目。

 

△トーセンボルガ

⇒森J×小久保厩舎なら、というところ。

 外枠不利の浦和1500を9頭立てとはいえ大外枠から勝ったこと。

 また前走は+11㎏。成長分とみてもいいのでは。

 

穴ハナズボンダイ

⇒大井で達城J×内枠は注意。

 前走の大井1400の時計だけみれば案外差はない。

 ただマイルでの時計が物足らないので半ば希望観測的な穴馬・・・