ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018天皇賞(秋)予想 ~この2頭で勝負~

最近、希望的観測で馬券を買いがち。

勝てる馬を選ばないとね。

 

さて秋天の予想です。

 

今回はデータメインで。

 

 

外厩
断然NF系。次に山元。

前者はしがらきが良く、今を時めく天栄にも注意を払いたい

該当馬
ヴィブロス
レイデオロ(天栄)
・スワーヴリチャード
マカヒキ(天栄)
アルアイン
・ダンビュライト
・ミッキーロケット

 

【人気】
1番人気が断然。
穴はヒモからだが5番人気の逆転があるので当日の人気も注意。

 

【血統】
父系ではSS(スタミナ系)ロベルトやミスプロトニービン系。
勝ちきるにはタフさを持った系統が必要になる。
母父ではナスルーラ系。

最近の東京2000の血統傾向から

圧倒的にSS血統。こちらを中心視したい。

 

【枠・馬番】
コース上7・8枠は厳しい。
基本一桁の馬番からだが、12番だけは注意。

 

 

以上から絞った馬が以下。

 

ヴィブロス

スワーヴリチャード

マカヒキ

アルアイン

 

 

ここから前走内容で2頭に絞る。

 

◎スワーヴリチャード

現役最強馬を嫌う必要はない。

安田記念では勝馬とほぼ同じ進路を通っていたが、

直線で進路を内外フラフラ。

そのロスが響いても3着なのだから力は間違いない。

 

アルアイン

前走はSペースとはいえ先行勢が壊滅。

時計はここ10年で2番目で枠の有利があったとはいえ、

そのなかで先行出来ていたのは良い内容だった。

国内で2000~2400の重賞は全て0.3以内の競馬で安定感がある。

母父にナスルーラが内包されていることも好感。

追切も馬なりで良い時計を出している。

秋競馬こそ外人旋風だが今年のGIはバランスよく日本人ジョッキーが勝っていたし

藤岡佑Jの初勝利や和田Jの久々の勝利があった。

力をつけてきた北村友Jの初G1勝利に期待がかかる。

 

ヴィブロスは前走直線での不利や道中かかりながら4着。

しかも今回は得意の左回りのワンターン競馬で悩んだが

友道厩舎はここぞで厩舎仕上げをする傾向。

おそらく香港で有終の美では?

 

マカヒキは、勝ったら出来すぎのドラマ。

ただ天栄仕上げで鞍上が盾男武豊J。GI連続3着と調子のいい所は怖い。