ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018府中牝馬S予想

低気圧で少しばかりダルさが残りますね。

 

先週は引くべきところで引けたので、よく我慢が効いたなあと思います。

 

さて、少頭数ながらも実績馬が揃った府中牝馬S予想です。

 

まずは短評から。

 

・クロコスミア

前走は2F目が10秒台と前にはキツい展開だったが0.7差で踏ん張れた。 左回りも2.0.1.2と相性も良い。だが連覇はここ10年ない。


・フロンテアクイーン

5戦連続2着、G2・G3は崩れても4着。それだけの実績がありながらこの人気は不当。 他の有力馬はここ叩き台の印象もこの馬はG1路線よりもここ目標では?


ソウルスターリング

気性面の問題がありオークス以降勝利がないが前走は収穫。 明らかに差し有利の展開で先行勢で唯一残った。 逃げ馬2頭が引っ張り縦長の展開なら好位で運んで展開の利を得たいところ。


・ディアドラ

前走は抜けた実力を見せたが、今回は左回り。 1番人気は例年勝ちきれないデータがあるので抑えまで。


・ジュールポレール

ディープインパクト産駒は6年連続馬券内の血統。 前走は枠の利があったとはいえ東京コースは得意かもしれない。 ただ例年のローテ的には夏に一戦消化したほうが?


・カワキタエンカ

ディープインパクト産駒は6年連続馬券内の血統。 過去1600~1800距離延長は走る。注意。


リスグラシュー

シルバーコレクター。ほしいのはG1だろう。 だが本来モレイラJ騎乗予定、それでもデムーロJを抑えておいたことを考えると勝負度合いは強いはず。


・ミスパンテール

昆厩舎と横山典Jのコンビは言わずもがな。 前走はG1でもメド。1ハロン延長がカギ。

 

 

【結論】

リスグラシュー

ソウルスターリング

▲ディアドラ

☆フロンテアクイーン

△ジュールポレール

注カワキタエンカ