ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018凱旋門賞予想 ~別の意味で日本の悲願達成?~

さて、凱旋門賞です。

 

現地は雨が降ってきたとのことで、どう影響するか悩みどころで・・・・・。

 

頭数が多いので結論から。

 

【結論】

 

スタディオブマン

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今年欧州でディープ産駒が活躍したように、凱旋門賞もそれを象徴するレースになると考える。父の無念を晴らしたいところ。

データ面から、ここ10年の優勝馬はすべて前走G1組かつ掲示板以内。

またチャンピオンS組は10年で5頭馬券になっている。枠は内が有利なものの、過去レースを見ると神経質にならなくても良さそう。祖母ミエスクがマイラー故距離の壁がありそうだが、継続してまたがるパスキエJは距離を歓迎。また今回はブリンカー着用とのこと。新装ロンシャンの硬めの馬場もプラスに働けば。

 

 

○シーオブクラス

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回追加登録だがこれは自信の表れで、現に追加登録組は10年で4回優勝している。前走G1勝ちかつ3歳牝馬。成績が良いイギリス所属馬という点も後押し。

 

 

▲エネイブル

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

実力No.1。ケチのつけようがないが、ローテに不安があり3番手評価。

 

 

☆カプリ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブックメーカーでは割と評価されているが、日本では100倍台の単勝オッズ。

恐らく陣営は常に凱旋門賞を目標にしていたとのコメントがあるからであろう。厩舎主戦のムーアJは別としても、主戦のヘファナンJが人気薄へ。ローダンJも人気薄となれば、このテン乗りの勝負度合いは高いのでは?フォア賞で一叩きして一変あってもおかしくない。

 

 

△ヴァルトガイスト

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ヒモとして。フォワ賞で結果が出ている馬は10年のうち5回絡んでいるので抑える。

ロンシャンでは2.0.0.1と相性が良い。