ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018セントライト記念予想

明日でも良かったけど、まあ勢いで・・・

 

【簡単な傾向】

・血統:父SS系、近年は母父NA系

・前走:2400or1800(ダービー、阿賀野信濃川、ラジオN組)

    皐月賞との互換性も見られる。

・波乱度:単は人気どころ。ヒモでも2桁はここ十年めったにない。

 


【短評】 

f:id:maguregachi:20180916001021p:plain

 

1 毎日杯ではブラストワンピースに2着。Sペースとはいえ、先行勢が壊滅している点で外回しながら良く粘ったと思う。前走のNHKマイルでは正攻法の競馬で2着。
2 ダービー2桁からの好走例が10年で5度。コースも東京よりはこちらの方が向いている。
3 格落ち。
4 中山巧者。きついペースのほうが向きそうなので先行勢が揃っている今回は向くかもしれない。
前走をコースと距離で度外視するなら。
5 内枠キンカメ。血統的には?だが勢いある石橋Jで。
ダービーで好走した馬が好走するパターンとして、有力馬がダービーで惜敗した時の巻き返し。
故に今回が試金石。
6 勢いがあるが・・・
7 ギベオン、コズミックに小差。ここをデムーロJが選ぶのなら。
8 消し。
9 重厚な血統で、タフさが求められる展開なら?ただ内外に強力な先行馬がいて・・・
10 クラシックTRでは低評価を覆して掲示板。前走はSペースの流れで外回して届かず。
11 距離適性はあるが同型カギ。
12 格落ち。
13 非根幹距離に相性がいい血統。2200は(2.2.0.0)と距離適性あり。叩き3戦目で。
14 G1では全く勝負にならなかった。今年の共同通信杯先行した上位組はレベルが低いのかも?
(2ケタ後方から進めた馬の2/3は京新①、青葉①)
唯一NA持ちで、中山巧者の鞍上なら。
15 ほぼノーステッキであれだけ走れるのだから力は間違いなくある。
今回は重賞で揉まれた馬との初勝負で、あとは力関係だけ。

 

【結論】

◎レイエンダ

〇ギベオン

▲ジェネラーレウーノ

☆ダブルフラット

◭コズミックフォース

注オウケンムーン

△グレイル

穴トラストケンシン