ハナ差で勝つ!!!

~血統・ペース・外厩の三種の神器こそ勝利への近道~

2018函館記念予想 ~2016の再現!ここ目標の一頭から~

あくまで月曜の浦和開催が狙いだが、

 

余裕あれば買いたかったレース。なので予想を簡単に

 

【結論】

 

マイネルハニー

 

  ⇒前走は明らかに叩き台。陣営も目標は函館記念であるコメントを残している。

   北海道に来てから丹内Jを配してきたことから一昨年の再現。

   斤量の問題があるが、同じ脚質のトウケイヘイローは初めての最重量57.5㎏で

   逃げ切っているのだから、巴賞で58㎏を経験している当馬はこなせるはず。

 

 

〇ブラックバゴ

 

  ⇒父バゴは芝1200・2000の相性が良く、力のいる馬場に適した血統。

   函館のようなタフな芝は好都合。

   同じくタフさが求められる中山2000の重賞でも好走している。

   近走は後ろからの競馬が目立つが、岩田Jに戻りいつもより前目で

   勝負に出るのではと考えている。(同舞台の五稜郭Sは中団で進めて勝利。)

 

▲スズカデヴィアス

 

  ⇒ハンデ戦の小回り内枠のキンカメ産駒は必ずチェックすべき。

   ならば、サクラではなく勢いのあるこの馬を推したい。

   前走の新潟大賞典の時計は例年より少し遅いものの、

   前残りの展開で上がり2位の終いを使えるなら。 

 

 

 

連下は、小回り+道悪もこなせるエアアンセム

 

穴は、ダンビュライトやポポカテペトルさらにキンショーユキヒメといった重賞で活躍している馬と小差のカレンラストショーを押えたい。