ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

南関競馬主要騎手分析 ~和田譲治J編~

南関を代表する穴ジョッキーとして、よく知られているのでは。

 

昨年はサブノクロヒョウで重賞を初勝利、しかも単勝万馬券

 

どんなケースで穴をあけやすいのかも見ていきたい。

 

まずは前年度のグラフ。

f:id:maguregachi:20180709224757p:plain

実際は浦和が一番勝率が良いんだけど、勝ち星だけでみると断然大井。

浦和で実績あるのは、他場でも初めに浦和の攻め馬に行っていたことも要因なのかも。

 

 

 

では近100勝ち鞍から抜粋。

f:id:maguregachi:20180709225643p:plain

 

後半のレース、あるいは外枠で穴馬を1着に持ってくることが多い

 

大井で積極的に狙えそう。次に浦和。

 

オカルト的かもしれないが6レースや、6枠での数字が目立つ。