ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

南関競馬主要騎手分析 ~繁田健一J編~

今回は、浦和を代表する騎手である繁田健一Jにスポットを当てたい。

 

彼の騎乗スタイルは”まくり”の印象が強い。

直線が短く小回りの浦和競馬では、3コーナーの動き方がポイントだけに

自然とそうなっているのかもしれない。

でも基本先行がメインだろう。

 

南関で上位に食い込める唯一の浦和所属ジョッキー。

果たしてどんなデータが。

 

まず前年度のグラフから。

f:id:maguregachi:20180706233624p:plain

 

割とバランスが良いが地元浦和と大井での成績が目立つ。

川崎の3着数も悪くない。

 

全体のデータを見ると気になるのは、

4角で2番手以内が成績がよく、900~1400mがベストといえる。

ちなみに波乱の演出は少なく、浦和では顕著。

穴で狙うなら大井でこそ狙うべきと思う。

テンにいくなら要注意だ。

f:id:maguregachi:20180706235925p:plain

 

 

 

 

 

地方競馬の黄金時代―廃競馬場に消えた伝説の名馬たち

地方競馬の黄金時代―廃競馬場に消えた伝説の名馬たち