ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

南関競馬主要騎手分析 ~西啓太J編~

西啓太Jは主要騎手なのかとお思いの方もいるが、

今年は100勝達成し、重賞(優駿スプリント)も勝利。

大井開催では決して無視できない若手ジョッキーだ。

 

父は岩手競馬で活躍し、豪腕で知られた西康志元騎手。

彼は父の勝負服を受け継いでいる。

その勝負服は幻の女性騎手と言われた高橋優子元騎手から受け継いだものらしく

三代に亘る数奇な運命にロマンを感じざるを得ない。

 

父がみちのく大賞典で波乱を演出したように、彼も穴をあけるイメージがある。

来週の大井開催の参考になれば。

 

まず前年度のグラフ。

f:id:maguregachi:20180705220952p:plain

この傾向は今年も変わりない。大井のみ狙うべし。

 

では、どのような条件で狙えるのか。

f:id:maguregachi:20180705221252p:plain

約3年分の勝ち鞍から抜粋。

 

とにかく稍重~重で高配当を出す。

また距離は1200~1400の成績が良く、

馬場状態と距離、この2つのデータが重なった時は要注意だ。

 

 

 

地方競馬の黄金時代―廃競馬場に消えた伝説の名馬たち

地方競馬の黄金時代―廃競馬場に消えた伝説の名馬たち