ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018帝王賞予想

難解故にオッズが旨い。
JRA勢は固いと思うが・・・

予想

テイエムジンソク

⇒フェブラリーはHペース、平安Sは道中の位置取りと原因は明白。
 大井の砂に合うかどうかだけ。
 調教は沈み込むようなフォームで力強く、時計も良い。
 

ゴールドドリーム

⇒このレースはなんといってもかしわ記念組。
 前走はリッキーのタイムと遜色ない時計。
 血統面から見ても近年SS系持ちはよく絡んでいるので。
 
ケイティブレイブ

JRAメンバーで最も南関の砂に適した馬。
 休み明けも、有力なのは間違いない。
 好枠を引いた。あとはかぶされずにスンナリ運べば。
 
アポロケンタッキー

⇒ハマれば面白い。
 川崎記念では交わされそうな所をしぶとく粘り2着。
 ダイオライト記念ではまくり上げて最後失速で今回距離短縮。
 ☆だが、実質本命候補。
 
△オールブラッシュ

 ⇒前走スローとはいえ、復調気配。
  もともと川崎記念でサウンドとケイティに勝っているのだから
  力差はそこまで開いていないはず。特に田辺×村山はダで怖い。
 
穴ヒガシウィルウィン
 ⇒唯一の4歳馬なので押さえる。
  叩き三戦目。調教の動きが良かった。
  昨日のメイン優駿スプリントの勝ち馬と同じサウスヴィグラス産駒。