ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018宝塚記念予想 ~忘れた頃の好騎乗を期待!~

重くなってからの阪神芝の血統傾向を見ると、

ダイワメジャーやマンカフェ、オルフェ、ナカヤマフェスタなど、タフな展開に強いSS系の血統を父系に持っている馬がよく走る。また母系にロベルト系が後半に目立ってきた。

しかし、明日の阪神の天候は晴れ予想。中途半端な馬場になりそうでますます難解に。かといって今日の馬場状態を鑑みてもめちゃくちゃ回復するとも思えない。重めで予想を組み立てる。

【結論】

◎ダンビュライト

 ⇒相当悩んだが、ここを本命に。
  ブログのデータに沿った形だが、決め手は前走のQE2世C。
  例年のタイムなら勝ち負けしてもおかしくない時計。
  早いペースで先行し、 一旦先頭に立つ見せ場を演出。
  スタート時に不利があった事も考えれば十分。
  血統でも牝系を辿ると一昨年の勝ち馬マリアライトが、
  そして阪神2200m母父SSはここ1年で複勝圏内トップ。
  

サトノダイヤモンド

 ⇒下馬評は低いものの1番人気に推されるということは、
  そういう事なのだろう。調教は悪くないし、鉄砲も利く。
  グランプリレースらしく、近年は有馬記念とのリンク有り。
  (昨年のゴールドアクターマリアライトなど)
 

ヴィブロス

 ⇒こちらも対抗。
  今走がメイチ。宝塚といえば牝馬。以上。
     

▲パフォーマプロミス

 ⇒とにかく調教が良い。唯一の好走血統ステゴ産駒。
  ”格よりデキ”を体現するなら。
 

ゼーヴィント

 ⇒好枠を引いてこの印に。また、発売開始後2番人気にまで
  推されていた所をみると大量投票が事前にあったのでは?
  非根幹距離の重賞で結果が出ているし、脚質的に展開が向くはず。
 

注ワーザー

 ⇒宝塚に標準を合わせたローテ。実績はトップ。
  今日の馬場ならもう少し重めの印でも良かった。
  当日の雰囲気次第だが、あっさり勝ってしまってもおかしくない。
 

△キセキ

 ⇒本当はもっと印重めでも良かったが、他に買いたい馬が(汗)
  外を回った最終追い切りは好内容で、鞍上と枠も良いし切る理由はない。
 

穴ノーブルマー

 ⇒ジャンポケ産駒はスタミナ色が強い。
  持久力が問われるこのレースならハマりそう。
  母父シルヴァーホークピンクカメオブラックホーク
  人気薄を連れてくる血統。思ったより穴人気していないのも好感。