ハナ差で勝つ!!!

~血統・調教・外厩の三種の神器こそ勝利への近道~

2018マーメイドS予想 ~重馬場ならこの馬~

明日は雨予報とのことで、ますます憂鬱になる所ですが

ルーティンというかライフワークというか、気分が乗らなくても

不思議と上向いてくる。

 

今日は気づいたら白目向いて寝てる感じで基本ぶっ倒れてましたけど

岩崎Jのドッキリ動画みてて少し元気になった感じです。

 

さて、マーメイドSですが重馬場想定という事で

去年までの阪神2000mで重めの馬場だったレースの血統傾向を簡単に纏めました。

f:id:maguregachi:20180609234637p:plain

重馬場らしく欧州血統を父に持つ馬が散見される。

母系でもスタミナやダート系の血統が見られ、いかにもという傾向。

 

もちろん主流血統は無視できないが、それでもSS系の活躍馬は瞬発力一辺倒の血統ではないことが分かると思う。

 

これを決め手にして、前回のメモと併せて以下結論とする。

 

【結論】

レイホーロマンス

 ⇒たまたま見た動画の岩崎J鞍上(しかも同じ誕生日)という事も無いこともない。

  ま、冗談はさておいて。

  父ハービンジャーは時計がかかる馬場向きで、と母父SS系の相性が良いこと。

  近走の重賞では差のない競馬。唯一掲示板止まりだった福島牝馬Sを見ると

  4角で他馬に寄られ接触する不利を受けている。人気上位になる事が予想されるが

  普通に走れば勝ち負け。

 

エマノン

 ⇒好走したときのラップ展開が当該レースと似ていることが好感。

  弟のスワーヴリチャードは同じ舞台のGI大阪杯を勝っているし、斤量も追い風に

  なると考えている。テン乗りが不安かなってくらい。

 

▲ワンブレスアウェイ

 ⇒一見地味な成績でも近走の重賞では惜しいコンマ差。逆に言えば安定した

  走りとも言える。こういうタイプは重賞で要注意。

 

☆アンドリエッテ

 ⇒3歳時にはクラシック戦線で掲示板付近と力はある。毎回毎回着差以上に惜しい

  競馬が続いている。またこの馬は3着後の成績が崩れていない特徴があり、

  今回はそれに該当する。

 

△は出遅れなければエテルナミノル。距離適性とここに標準のキンショーユキヒメ。

穴はルネイション。ハンデ戦での内枠父ミスプロは妙味。