ハナ差で勝つ!!!

~血統・調教・外厩の三種の神器こそ勝利への近道~

2018安田記念回顧 ~マイラーズCのラップが教えてくれた~

こればかりは仕方がないといったところ。

 

賞金足らず、安土城からの連闘。

しかも藤沢先生がアレス以外を回避させたことで出走が叶う。

 

ツキがあったね。

 

 

だけじゃ片づけられない事があって、

 

マイラーズCのラップは

12.2 - 10.7 - 11.0 - 11.9 - 11.4 - 11.2 - 11.2 - 11.7

 

先行馬で残したのはこの馬だけだし、後続に差をつけていたのは力があった証拠だと思う。さらに馬券内だったサングやスピネルはGIで結果を出した馬。

ハイレベルだったんだね。

 

注目すべきは安田のラップ。

12.2- 10.8 -11.2- 11.3 -11.3 -11.4 -11.4 -11.7

 

マイラーズCと酷似している。

好走したときと同じラップ展開なら

あーなるほど、勝つべくして勝ったなあというところ。

 

 

 じゃあダCTのキャンベルはどうなの?

1着のヒーズがこけたこと、また京王杯3着のサトノがあと一歩足らなかったこと。

これに尽きるんじゃないかな。

だとしてもGI級って感じではなかったから最終的に切れたけど。

 

 

 

そして自らの反省点だが、

外厩作戦は大失敗・・・

毎回毎回はさすがにね。

 

ヒーズは狙い過ぎたかな汗

直前でオッズがズルズルさがっていってしまった。

その点アレスやモズ、アエロは安定的だったと思う。

 

アレスは出遅れがすべて。

あと枠も悪かったかな。外枠のほうがよさげ。

 

昨日今日とノーザンダンサー系(大系統)がよく絡んでいて

馬場見れば盛岡の芝と間違えるくらい砂埃があがっていたことからも納得。

高速馬場だけれども、力も必要だった馬場かもしれない。

 

1着モズアスコットはフランケル(サドラー)

2着アエロリットもクロフネヴァイスリージェント

 

傾向にはあっていた。

 

根拠を持って

サングとペルシアンは切ったし、

リスグラも切った。

穴臭いキャンベルも切れた。

スワーヴを本命にすることもなかった。

 

それだけは自分を褒めてあげたいかな。

去年の安田記念ブログ見返したけどまあ酷かった。

十分成長してるはずだから愚直に予想はしよう。(買えないけど)

 

あとは(連闘だから~みたいな風に)決めつけないことだな。

 

血統とラップは裏切らねえなあ・・・・・