ハナ差で勝つ!!!

~血統・調教・外厩の三種の神器こそ勝利への近道~

2018鳴尾記念予想

簡単な傾向は前回書いたので、各馬の短評から。

 

・ヤマカツライデン

 ⇒同型の兼ね合いもあるが距離・コース適正はこちらに分がある。

  中間の追い切りも時計が出ているし、開幕週を味方に先行出来れば。

 

・トリオンフ

 ⇒自分は大阪杯でのレースが印象的な馬だと感じている。

  タートルボウル産駒は以前のコースに対する学習能力が高い。

  使いづめが気になるが、鞍上強化でやれるのでは。

 

・モンドインテロ

 ⇒ダートから芝に戻るのはいいし、チャレCで阪大で結果がでたサトノクロニクル

  に0.1差の4着なら。ただ乗り替わり?

 

トリコロールブルー

 ⇒休み明け3.1.0.0と好相性。(しかも全て阪神2000の成績)

  入念に乗り込まれていて力を出せる状態。

  兄弟馬が重賞で勝ちきれないのは少し気になる。

 

マルターズアポジー

 ⇒この馬は好走と凡走を繰り返すタイプで、前走で凡走したことで

  今回は走る順番。このレースで逃げ馬を好走させた武豊に乗り替わりは

  大きい。母系にナスルーラを保持しているのも傾向にあっているし

  外枠の偶数番引けたのは好材料。また父ゴスホークケンは急逝。

  父に捧げる走りとなるか。

 

・ナスノセイカ

 ⇒適距離だが今回初の関西。ハーツクライ産駒らしく直線が長いほうが・・・

 

・ストロングタイタン

 ⇒このレース3連勝中の池江厩舎の管理馬。

  前走は+14㎏で絞り切れてなかった。一叩きした今回なら。

 

・タツゴウゲキ

 ⇒あくまで夏が目標では?その叩き台としてのレースでは。

 

・ストレンジクォーク

 ⇒休み明けだし、強調材料もあまりないので・・・

 

サトノノブレス

 ⇒前々走連対からの前走大敗のローテに当てはまっているのはこの馬のみ。

  血統も適しているが年齢だけが不安。

 

<<<<<外厩情報>>>>>>

今回か前走でノーザンファームしがらきを使った馬がここ3年で馬券内

例)2017:ステイインシアトル①

  2016:サトノノブレス

  2016:ステファノス

  2015:ラブリーデイ

 

今年の該当馬は以下。

 

トリオンフ

トリコロールブルー

ストロングタイタン

サトノノブレス

 

【結論】

◎ストロングタイタン

マルターズアポジー

トリコロールブルー

☆モンドインテロ

△トリオンフ

穴ヤマカツライデン

 

 

PS.最終追い切りで加速ラップを踏んでいるのがアポジーとモンテロ。要チェキ。

f:id:maguregachi:20180602143158p:plain