ハナ差で勝つ!!!

~血統・調教・外厩の三種の神器こそ勝利への近道~

日本ダービーで穴探し。。。

さて、迫ってきた日本ダービーですが

もし穴が来るならどんなケースなのか簡単に見ていきたい。

 

ダービーで1番人気が飛んだのは10年に2回だけ穴党からすると期待はできない。

 

飛んだ年は2012年と2009年。共通してHペース。

馬券になった馬は先行勢。

しかも早々にリタイアしてしまう馬ばかり。

10年で最速タイムで優勝したドゥラメンテでさえ引退に追い込まれるのだからここ2年スローになってしまうのも無理はない。


ちなみにHペースになった年は全て荒れ傾向。

 

2014年:12番人気マイネルフロスト3着

2012年:1番人気ワールドエース馬券外

2009年:8番人気アントニオバローズ3着   1番人気アンライバルド着外

 
今年はアイトーンやケイティクレバーなど飛ばしていきそうな先行馬がいるため、

Hペースになっても不思議ではない。

 


ちなみに穴馬の傾向は以下の通り

 

【血統】 

・父or母系にロベルト ・母系にノーザンダンサー

 

【脚質】 

・先行していた馬

  

 特徴として。。。 

 ◆皐月賞や中山2000で4角3番手以内 

 例:ベルシャザール(皐月②②②)   

   エイシンフラッシュ京成杯③③③③)

   スマイルジャック(皐月②③②③) 

 

 ◆青葉賞プリンシパルSも可)で4角3番手以内 特に2枠。

 青葉賞から続けて内枠を引いたタイプは脚質に関わらず要注意。

 例:マイネルフロスト(青葉2枠→ダービー2枠)

   アポロソニック (青葉2枠→ダービー2枠)

   ウインバリアシオン(青葉2枠→ダービー1枠)

   アントニオバローズプリンシパル2枠→ダービー5枠)

 

 今回青葉賞2枠の馬が出ないのが残念だが

 

 人気所なら

 ジェネラーレウーノやエポカドーロ、ステルヴィオ

 

 穴っぽい所なら

 オウケンムーン、タイムフライヤー。

 今年の青葉賞組はタイムが微妙。少し遅いくらいが馬券になってる。

 むしろプリンシパルS組のコズミックフォースを選択したいかな。

 

 京都新聞杯組は数は少ないものの1着馬は馬券になっている。 

 レコードのトーセンホマレボシに次ぐタイムであるなら、

 ステイフーリッシュ。鞍上も横典であれば不気味な存在だ。

 

 まあ、無理な穴狙いはできないし、人気所の取捨も難しいし

 去年と比べるとあまり手は出したくレース(汗)

 

 勝ち馬を選ぶのであればシンプルに皐月賞組で。且つ内枠。

 あとは外厩も絡めて予想したい所だよね。