ハナ差で勝つ!!!

~血統・調教・外厩の三種の神器こそ勝利への近道~

春天、最終結論。

 

 

 

クリンチャーはやはり不安。

重馬場でこそだし、今回テン乗り

 

そこで陣営の本気度が高いアルバートを。

京都の高速決着に合うのか?という疑問もあり迷ったが

ここで勝ちに行くためのローテーションを考慮。

 

上がり馬は全部切ろうと思っていたが、ガンコは入れることに。

 

また、天皇賞春ではリピーターは2度までということでシュヴァルは消し。