ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

福島牝馬S展望(枠前)

明日新聞買ってからでもいいけど、備忘録的な感じで。

 

【傾向】

馬齢:4~5歳が中心。

枠:1~4枠。

ローテ:中山牝馬組優勢。(2~6着組)

血統:グレイソヴリン系が7割絡む。

   →これは福島が東京コースの作りと似ているからかも?

血統:サドラー、ND系の欧州血統やロベルトがよく走るように、

   福島1800はやはりタフなコースと言える。

展開:先行馬のちょい差しがセオリー。

 

【短評】

・カワキタエンカ

 間違いなくハナに行くだろうが、中山1800と比べると逃げ馬には不利。

 前走はSペースも味方した。中山牝馬の優勝馬が10年で未勝利。

 しかし1800は3.2.0.0と馬券内。悩む。

 

・キンショーユキヒメ

 去年からダート以外は差のない競馬が続いている。血統はサドラー系。

 秋山Jはこの馬を先行させていることもあり、うまく運べれば一発も。

 

・ゲッカコウ

 母父ロベルト。安定して先行出来るのは強み。福島も2.0.0.0と相性が良い。

 

デンコウアンジュ

 父サドラー。末脚を伸ばして馬券内みたいな馬は割と来ているのでヒモには。

 今回1ハロン距離が伸びるのは?

 

トーセンビクトリー

 有馬やAJCCで男馬相手に見せ場。そこでの経験が生かされるはず。

 1800は4.2.3.4。好位で運べる馬だし、有力候補。

 

ブラックオニキス

 近走見るとパッとしないが秋華賞や中山牝馬で低人気を覆しているように、

 軽視はできない存在。穴で一考。

 

・レイホーロマンス

 先週の福島メインを勝ったマイネルサージュと同じ血統。

 ここ8走は0.4以内と差が無い競馬が続く。岩崎Jの重賞勝利が見たい。

 

・ワンブレスアウェイ

 鞍上の津村Jは今年の福島リーディング1位。昇給して重賞の壁はあるが、

 着差以上に負けてない。前目で競馬できるし、血統面も問題ない。

 

【暫定】

強い相手と渡り歩いてきたトーセンが有力も、前走4角後方組が馬券になっている事を

考えるとレイホー、ワンブレスに食指。キンショーとゲッカコウが悩みどころ。

穴はブラックで良いだろう。あとは調教と枠見てから。