この感覚を忘れないように

川崎競馬初日が終了。

 

4~7Rで勝負であったが、4・5・6Rと勝負に行くべきではないレースが続きケン。

確信を持ってではなくとも投票しようとすると嫌な予感しかしない。

 

そこで迎えた7R。

 

この段階での傾向としては、

 

・川崎らしからぬ差しが決まる馬場

・この時点で内よりの枠が良い

 

ここで本命に据えたのがリュウノセンター。

叩き3戦目でそろそろではないかと言う点。

不器用ながらも終いは確実。今日の馬場なら決まる確率は高い。

赤枠も相まってここに決めた。

 

最後は猛追するビートフォーセールを振り切りハナ差で勝利。

オッズは落ちたものの最近で一番痺れた。

 

めでたしめでたし。

 

で、終わらせてもいいが、今日は勝ちよりもとても大切な経験が出来た。

 

今回運が向いた理由。

 

それは最後まで我慢できたということ。

無暗に何となくで、嫌な感じがしても無理矢理ブッコまずに勝てる瞬間を見極められたという事だ。

 

引くべき時は引き、出るときは出る。

 

運に対して如何に鋭い感覚を持てるか。

常に意識して博打に臨もう。