菊花賞予想~インブリード~

浦和開催も佳境に差し迫り、次は菊花賞

 

まず血統面から。10年分のインブリードを見ていくと、

 

2016:ヘイロー3×4×5

   ノーザンダンサー5×5×5

2015:リファード4×4

   ノーザンダンサー5×5×5

2014:ノーザンダンサー4×5

   ニアークティック5×5

2013:ヘイルトゥリーズン4×5

2012:プリンスリーギフト5×5

   ノーザンダンサー5×5

2011:ノーザンテースト3×4

2010:ヘイロー3×5

   ノーザンダンサー4×4

2009:ヘイルトゥリーズン4×4

   グロースターク(?)4×5

2008:ノーザンダンサー4×4×5

   ゴールドディガー(?)4×5

2007:ボールドルーラー4×5

   ノーザンダンサー4×5

 

70%の確率でノーザンダンサーのクロスが絡む。

 

加えて前走神戸組かつ3着内がダントツ。

 

そうなるとキセキかサトノアーサーになるが、

当日重馬場が想定されることを考慮すると、父ルーラーシップが不良馬場で日経賞AJCCを勝っており唯一のG1勝ちも稍重と当日の馬場に対応出来そうな

 

キセキを本命に推したい。

 

鞍上も先週秋華賞で好走したデムーロと心強い。