秋華賞回顧(ラップ分析追記済み)

紫苑SローズSの1番人気との読みは良かったものの、

ディアドラではなくファンディーナを選んでしまった。

 

ただ、前日朝一オッズ作戦ではしっかりリスグラシューが着内。

これに関しては収穫といえよう。

 

ちなみにラップで見てみるとこんな感じ。

秋華賞
12.2 - 11.0 - 12.4 - 11.9 - 11.6 - 12.0 - 12.1 - 12.5 - 12.1 - 12.4

 

ローズS
12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 12.0

紫苑S
12.3 - 11.4 - 12.3 - 12.5 - 12.8 - 12.3 - 11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.4


こう比べてみると、ローズS秋華賞の前半ラップが速い。
これで前に行った掲示板内のカワキタエンカは力あると思う。

 

紫苑Sは後傾ラップで瞬発力が目立ったディアドラ。
秋華賞では35.7の上がりで唯一の35秒台なのも頷ける。
しかも過去京都の重馬場を二度経験し、着内。
馬場の適性も加味され、さらにルメールに鞍上強化では買えるのが当然かも。

 (⇒こんな感じで予想できればいいんじゃないのかな。中央は。)

 

まあ、とにかく感じたのは

 

やはり中央のGIは外人買いがセオリーだ。

 

ついでにいうなら

ディープ産駒は道悪NG(当たり前だけど)

 

これからの中央予想に役立てよう。反省!