中山回顧

遅くなりましたが回顧を。

 

中山6~9Rを予想した。特に6、8Rが勝負所。

 

中山6R(ダ1800)

一度目の勝負所。だが絞りきれず。少額にし、単勝3点にするも不的。

本命はグランデセーヌ。

ルメールJに乗り替わりで且つ藤沢厩舎。相性は勝率30%連対率45%と好相性。

調教も良く勝負気配とみたが5着。直前にオッズが下がったことが良くないサインだったか。

 

勝ったのはアズレージョ。杉原Jは買いづらいが、前走9着もタイムは悪くない。

順位を押し上げているし3走前よりも順位を上げているのはプラス。

スタッフ予想が少し団子になっていたのもサインか?

 

中山8R(ダ1200)

外枠有利。好位から差せると良い。

本命はこのコース得意の戸崎J鞍上のキョウエイスコール。

近走中山で好成績。前走は度外視で良い。

 

妙味があったのは横山J鞍上のカンタベリーマイン。

中山は(1.1.2.2)と相性は悪くない。調教もそこそこで今回外枠を引いていた。

降級2戦目でそろそろどうかというところ。

こちらに厚く張った。

 

 

勝ったのはキョウエイスコール。

直線で壮絶な叩きあいを制する。

カンタベリーマインは着外。やはり直前にオッズが下がると駄目ね。

迫ったレアドロップはHペースのなか、よく前で残した。次回人気になるだろう。

ハートフルタイムはやはり短距離に対して適性がある。次回短距離ダートなら狙える。

 

ちなみに前回のオッズ作戦は上手くいかなかった。

地方のように上手くはいかないものだ。

 

~次回生かすこと~

・タイム比較は平均タイムを基準に比較。

・中山ダートは差し勢無視できない。

・3走前<前走はチェック。前走で順位を位置取りから押し上げていたら特に。

 =のパターンは要注意。

・本紙よりも必ずスタッフの印は見る。彼らはプロ。

・運を見極め、押し引きを明確に。

 

PS.オーバルスプリントは3連覇中の戸崎Jに乗り替わりで断然サイタスリーレッド。単勝で僅かだが稼がせてもらった。気持ち的にはブルドックボスを応援していたが、スタートでまさかの躓き。残念。