自分の予想スタイルは?

これを機に、一度自分の予想スタイルを考え直さないといけない。

 

中央競馬

・枠、年齢の相性。

・位置取りと上がりをチェックし、先行馬と差し馬を分ける。

 そこからどちらが該当するレースに適しているか判断する。

・騎手と調教師の相性。

・季節の勝率。

・調教欄で前走<最終追い切りを確認。騎手が跨っているか?

・10年分のデータから共通点を探す。(血統やローテ)

 

これが柱になる。

決め手がないのは分かっているが、馬柱の熟読が足りないのかなと思うことが多い。さかのぼってブログ読むと大概これ。反省した気になっているだけ。

近走どういうレースに出て、どういう結果を出して、どの条件なら走るのか。

レースのレベルを知るために、10年以内のタイムと比べてどうなのか見るべき。

ヨコで比較するのは難しいからね。

 

あと足し算ではなく引き算の予想をするべきではないかと考えている。

都合の良いデータから集めて足していくのではなく、不利なデータを集め引き算をしていく。

 

自分なりの公式を追い求める事に躍起になり過ぎている気がする。

小手先のデータ集めが小手先の予想になってしまう。

 

あと競馬場やウインズから遠いために、テレビで放映されるメイン3つしか打っていないことも、問題だと思う。よりによって難しいところで勝負して負けているのだから。

午前の未勝利や500万のダートに絞るとかしないといけない。これは地方も同じ。

 

一方地方競馬(特に南関)は、タイムの比較や乗り替わり。あと上位の騎手や所属の騎手に絞れば思い切って消せることが多い、あとはオッズの動向が分かりやすい。

 

それに、新聞を買うか、出馬表を出してきちんと準備すれば大きく外すことはない。

外すときは何かしら(時間・モノ)ケチっているか、早めに予想しすぎてこねくりまわした予想になってしまうこと。

 

中央が苦手なら、思い切って南関だけに集中するのもアリだと思う。

 

とにかく反省した気にならない。即改善あるのみ!