クラスターC&桂樹杯予想

連休最終日。

盛岡競馬で最後を締めくくるとしましょう。

 

クラスターC~  ダ1200

・例年人気サイドの決着。逆らってはいけない。

 1番人気(7.1.1.1)

 2番人気(1.5.2.2)

・JRA組が圧倒的優勢。

・5、6歳に良績。

・前走北海道SC組orプロキオンS組

 

【結論】

◎ショコラブラン

ラブバレット

▲ブルドックボス

キクノストーム

 

本命は中山コースで近走2勝。アップダウン激しい盛岡も合う。


対抗は単騎逃げハマれば。


単穴は左海×小久保。鞍上はスタート巧者。

 

~桂樹杯~ 芝1600

・難解のレースで、3連単100万台が過去5年で2回。地方での芝レースは盛岡のみで、中央の芝とは質も異なる事がより予想を難しくさせる。

・高齢馬の出走が目立つ。6,7歳が良績。

・内周りで内枠先行が有利だが、差しも決まる。⇒当レースにおいては中枠が良い。


また、1枠と8枠が同時に馬券内に入ることがしばしば。

中枠で隣同士や、両端の枠のセットが面白い。ちなみに7枠は成績が悪い。


・ステップレースは様々だが、今回のメンバーなら立秋特別、すずらん賞、岩鷲賞、せきれい賞組から狙う。

 

【結論】

プリムラブルガリス

○アンブリッジ

▲ブレイズアトレイル

☆コウセン

カオスモス

穴ノミネーション

 

岩手競馬は騎手がどの馬に乗るかによって勝負気配を掴めるかがカギ。


本命は主戦の高橋悠里Jがここ5戦ずっと乗り続けていることに好感。


特注は転入緒戦で自厩舎のトップジョッキーを当ててきたので狙うのもあり。