大井回顧 馬場:良

大井1R(1200)→勝ち

【予想】

①タイムアップが枠を生かしてハナ濃厚。前走の内容からも前残り十分。調教でも5Fから飛ばす。直後オッズも1倍台。

【結果】

①が粘るも⑨ウィンが人気に応える。近走15秒台連発なら仕方なしか。

三着に入った②インターラブリーも近走のタイム良い上調教でも1F36.8と好時計。

 

大井2R(1400)→反省

【予想】

前走好タイム⑥シャイニングメゴ。⑨オータムエンジェル。

【結果】

⑤ワイルドドーターが押し切る。まさかの29秒台。叩き三戦目もっと言えば今調子の良い繁田。血統も12%弱(メンバー2位。)⑥は元々ゲート難。今回も。何故買ってしまったのか。⑨は好位で競馬を進めるも直線で失速。調教が悪くなかっただけに残念。血統14%の⑪アスミキリは三着。この馬、前走勝ちきれなかったが今回調教では馬なり36.4と好時計。

 

大井9R(1600)→反省

【予想】

メンバータイム差ほぼ無し。大井の千六なら前。妙なのは⑨ギオンハイスーパー。

【結果】

ノアナイト②キングタイドが大きく離し、最後は②が抜ける。

⑨は思った以上にダッシュが付かず。大外も響いたか。4着に粘るも…。このレースは瀧川の好騎乗。前にも大井をノープロブレムで最内生かして前目で押し切ってたな。調教も強め37.4。当日好走した格上のC1ルクナバードと互角の走り。血統も11%と全体3位以内。

 

この3レースで分かること。穴を何となくで選んでいるのはダメ。決定的な裏が無いのに妙味だけを追っていては当たらない。

3走以内に好タイムが並ぶようなら人気通りの馬が勝つ。故にケン。

調教と血統。叩いて何戦目なのか。如何に冷静に情報を読み取るか。妙味に踊らされない予想を心掛けるべき。