続けよう。

 競馬辞める止める詐欺は見苦しいなと、思ったこの頃。

こんなに没頭し、夢中になれる事なんだから。勿体ない。

上手くいかない原因は、ルールが明確じゃないから。

博奕は自分を律するのにとても効果的な遊びだと思う。

どれだけストイックに打ち込めるか。

どれだけ自分に厳しくなれるか。

仕切り直し。

不定期でもいい。発信し続けよう。勝負しつづけよう。

 

まず今まで掴んだことを再確認。

もっと中央のデータを集めたい。

JRA

・タイム比較で走ってきたレースのレベルを知る。(特に重賞)

調教欄は穴馬発見の最重要ツール。

・騎手×調教師

・前に行ける馬重視。上がり3Fはオワコン。

・余裕があればコンピの活用を。

【南関】

・タテヨコのタイム比較。

直後のオッズの動き、調教、血統。この三つが予想の軸。

・騎手は中央よりも重要。現地は言うまでもないが、有名所よりも中堅に妙。

 コース問わず繁田が乗るかどうかは確認。

・叩いて良化パターンはかならずチェック。

・大井は思っているより固い。特に後半になるにつれて。逃げは厳しい。稍重~重

 でこそ穴の差しが決まる。良では打たない方が得策。

・川崎は徹底して内枠先行。穴は4枠。

船橋は本橋(差し)、本田(先行)。あと中堅所。逃げも差しも決まる。

・浦和は逃げ中心だが、穴は断然差し。川崎所属の馬や騎手の親和性あり。

・減量騎手は中央より神経質に。

【ルール】

単勝1倍台のレースは打たない。(特に地方)

・自信のない、迷いのあるレースはケンする勇気。

勝負レースとそうでないレースとの賭け金のメリハリ