ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2019フェブラリーS予想

久々の投稿。

 

群雄割拠でこれまで以上に難しい予想が迫られるフェブラリーS

以下現状の印です。

 

f:id:maguregachi:20190217114443p:plain

 

昨日から前に行く馬が有利。

故に前に行く馬で揃えた。

実質の本命はインティ。

 

ゴールドドリームは軽視。

何故なら6歳以上のノーザンファーム生産馬は過去5年で馬券外。

本命は軽視されているクインズサターンに。

この特殊コースに対する適正があり米国系ナスルーラがほぼ毎年馬券に絡んでいるというデータ。

前走は延長が良さそうな走りで、今の東京ダートは前有利の馬場とはいえ

ペースが速くなれば差し込んできてもおかしくない。

 

面白そうなのはサクセスエナジー

前走下したサングラスやリーゼントロックは次走で好走。

追切は自己ベストをマークしておりインティと行った行ったも考えられる。

横山典Jの狙い所 ~重賞編~

神騎乗が目立つ一方、いわゆる”ポツン”に悩まされる騎手であるが、

買い時はいつなのか。

 

2011~2018年の重賞で1着になったときのデータを少し調べてみた。

 

 

【距離別成績】

 

f:id:maguregachi:20190131010857p:plain

 

圧倒的にマイル戦に成績が集まっていることが分かる。

 

 

【コース別成績】

 

f:id:maguregachi:20190131011039p:plain

 

関東所属故、やはり関東に成績が集中している。

 

 

単勝オッズ】

 

f:id:maguregachi:20190131011233p:plain

 

良績は下限が6倍までと手堅い。

むやみな穴狙いは禁物だ。

 

 

 

今週の東京新聞杯ではロジクライに騎乗予定。

このデータ通りなら今回は走っても良いのでは。

2018根岸S予想

東京ダートの時計がかかっている傾向。

差し届かずみたいなのが散見されているので好位からだろう。

血統的にも非サンデー系が目立つ。

 

【傾向】

・延長組は苦戦。同距離か短縮がベスト。

・2走以内に武蔵野Sに出走。

・10年で4回馬券になっている岩田J

外厩は今走のみが良い。

・3番人気以内は10年以内で惜敗傾向。

・外枠の差し馬、内枠の先行馬。

・当日馬体重増と±0は10年で8頭優勝。

・前走の位置取りが12番手以下or好位

・前走3番人気以内

・前走4着以内

 

【結論】

◎サトノファンタシー

サンライズノヴァ

▲ユラノト

☆キタサンミカヅキ

△クインズサターン

注マテラスカイ

穴レッドゲルニカ

 

【雑感】

先行勢と非サンデー系中心に据えた。

サンライズノヴァが差し切るのか差し切れないのか。

今の馬場なら後者の可能性あり。

そうなるとルメールJ替わりで勝負駆けのユラノト。

年明けメインレースで崩れない岩田Jが乗るのは心強いサトノファンタシー。

時計がかかっている今ならキタサンミカヅキが足りてもいいのでは。

マテラスカイ、逃げは厳しいがマークが薄ければあれよあれよの可能性を捨てきれない。この鞍上だし。

穴はレッドゲルニカかなあ。

ボールドルーラー系はよく走るコースで血統的な裏づけがあるし、

昨年の今頃押し切ったバレンタインSは人気馬と遜色ない時計。

東京は得意のコースだし、もしかしたら。

 

2018TCK女王盃予想

インチーと言い切るには短絡的すぎるが内枠が良さげな馬場。

また傾向は変わるかもしれないが当日の傾向に注意。

 

さて、明日のメイン重賞TCK女王盃ですが思っているより混戦な感じ。

先週シャケトラで復帰後中央の重賞を取った角居厩舎の勢いそのままに

ラビットランが有力だろうが・・・・

 

 

本命はブランシェクール。

 

前走は大幅プラスの馬体重。前有利の特殊馬場で参考外。

今回は偶数番と揉まれない外目の枠で前の馬を見ながら競馬が出来そう。

兄弟には昨年末の全日本2歳優駿を勝ったノーヴァレンダ。

 

 

対抗はエイシンセラード。

 

好枠を引いたのもあるが、かなり詰めてきている時計を評価したい。

4歳馬が好調なレースだし、前走3番人気の馬の勝率は22%。

 

 

単穴はアイアンテーラー

 

大外でもこの頭数なら。メンバー見てもハナ確定。着は拾うはず。

しかし前回のコースを考慮すると、前走のような楽な競馬はできない。

 

 

惑星はクレイジーアクセル。

 

調教が抜群に良い。勝った東京湾C以外の近走は10F。この馬には長い距離。

今回距離短縮と控える競馬で生え抜きの地方馬最先着は現実的。

人気的に軽視し始めた今回は妙味。勢いある鞍上で尚良し。

 

 

注はビスカリア。

 

終いに関してはメンバー随一。

東京大賞典掲示板のエイコーンに0.2差。

JBCレディスクラシックではアンジュデジールに0.6差。

実力は近走からも間違いない。

後方からの競馬で、今日の馬場を見る限り厳しそうではあるが

後ろ過ぎなければ前が作るペース次第で単もあるのでは。

 

2018船橋記念予想

多くを語る必要はないレース。

 

アピアクルセイズスピリツの一騎打ちの様相。

 

問題はこの2頭の後。

 

3番手を考えるなら軽量の恩恵を受けた馬と8枠。

 

・2009~2017まで53㎏以下だった馬が100%馬券内。

・同期間で8枠が2012年除き2009年から今年まで100%馬券内。

 

以上からビヨンドボーダーズに食指。

前走は前半11秒台が2度続くラップで前に残り、

勝ち馬はロジータ記念4着のファーストスキップであれば力はある。

 

併せて米国系の血統がここ5年で13頭絡んでいることと同じ8枠で

ドラゴンゲートも気になる。

大概中央からの移籍緒戦は良くないが、実績通りなら分からない。

 

今月の中央競馬の敗因。

中央競馬に黄色信号。

 

今年まだ的中なしという惨状。

 

昨年と同じ失敗のパターンではあるが何とか踏みとどまっている状態。

 

まず原因を洗い出してみる。

 

 

【敗因】

 

①張る金額が大味になっている。

 ⇒昨年もこのパターン。ちょっと勝ったからいい気になってる。

  結果⑥に繋がっている。故に外している。

  上るのは少しづつでも転がり落ちるのはあっという間。

  勝ちたい・取り戻したいという欲目でガチガチ。

  馬券を見送ることは大金をはたく以上に勇気と根気が必要。

  

 

②過去走をよく見れていない。

 ⇒④にもつながるが、血統ばかりを過信しVTRを見返すことをおろそかにしている。

  特に地方競馬のように逃げ・先行馬中心に買えばいいという事ではなく、

  各コースで多種多様。さらに当日の馬場傾向もある。

  馬のキャラクターを地方以上に把握しなければ勝つことは難しい。

  最近感じたのは、1・2・3着馬がどこを通っていたかVTR確認することが大切。

  

 

③取り戻そうという思考に陥っている。

 ⇒博打打ちとしては最悪。リセットしここが最初の勝負という発想がないと、

  ①になり余計な負けを増やすことになる。

  辛いけど岩のように耐えるしかない。

  馬券買わなかったら何か報酬みたいなのあってもいい。

 

 

④血統及びスマート出馬表に対する過信。

 ⇒あくまで1つのツールなのにこれで儲かるみたいな油断。

  実際今日の淀短ナインテイルズは血統よりも馬場や、

  馬の脚質によるものが大きかった。

  

 

⑤馬場読みから血統ではなく血統から馬場を読んでいる。

 ⇒傾向どおり買えばいいことは昨年分かったが、読み方でばらつきがある。

  当日の脚質と枠から馬場を読み、そこに合う血統を探す。この流れにするべき。

  でないと血統ばかりが頭でっかちになって④に陥っていく。

 

 

⑥打ち筋が崩れた。

 ⇒今まで以上の配当を目指すとなると額が増えるのは必定。

  しかしそれ故に予想を難しくする。儲けたいという雑念で眼が曇る。

  むやみな単勝狙いよりは、複勝コロガシにも挑戦するのもありだと思う。

 

 

中央競馬の打ち方が確立していない。

 ⇒騎手やクラス慣れ、枠権利など

  南関はある程度決め手になる要素があるが中央はそうはいかない。

  当面、血統・馬場・当日の傾向が中心になるだろう。

  調教はよければいいというわけではないし、これも過信してはいけない。

 

 

 

 

 

この正念場を乗り越えてこそ。今一度初心に帰って博打を打とう。

  

 

 

 

成田特別と中山D2400の簡単なメモ

成田特別
・馬齢:4~6歳
・枠:内優勢。
・ローテ:中3週前後。延長同距離組。芝替わりは10年で2頭のみ。
・馬体重:10年で勝ち馬の7頭が500㎏を超える。

単勝人気は8・9番人気まで見ないといけない。

・リピーターは×

・前走の位置取り:後方や中団からジワリ運んだ形跡がある馬。+6着以内。

 

【2014~2019 中山ダート2400】

・延長組が59%が1着断然。短縮7%と割引。

・血統のシェア率(%)
 父はTサンデー(20)、ロベルト(18)、ミスプロ(16)、キングマンボ(11)。(欧州、日本産が中心)
 母父ミスプロ(23)

・枠は6~8枠が1着48%を占める。2.3.5枠は低め。

・調教師
 高柳瑞、新開、相沢郁、畠山。尾形充、国枝、中舘

・人気別
 1~3番人気勝率20%。連対率34%複勝率46%と断然。回収率なら7~9番人気。

 

 

 

コース形態的には堅くてもこのレースは荒れ傾向というのが悩ましい。

 

 

馬券とは別に、個人的にはダート長距離距離常連のアバオアクー応援したいなあ。

主戦の大野Jに戻るらしいし。頑張っても掲示板止まりだろうけど。