ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

NF生産馬の重賞成績2019 ~新潟記念はレイエンダと・・・~

 

札幌記念の時に軽く調べたが、改めて2019年の成績をグラフにしてみた。

 

f:id:maguregachi:20190831232627p:plain

 

札幌記念、きな臭かったクルーガーが消せた理由がこれ。

丸山Jはセカンドドライバー的なポジションと捉えた方がよさそう。

新潟記念はアクート(NF生産馬)に騎乗。戸崎Jがフランツを選んだということは・・

 

次に酷いのが池添J。ほとんど着外。

そりゃブラストワンピースを降ろされる訳だ。

 

ルメールJは馬券外は一度のみと盤石。

2000m以上の重賞、NF生産馬に乗った時は軸馬に据える判断ができそう。

新潟記念はレイエンダ(NF生産馬)に騎乗。混戦ムードとはいえ押さえるべき。

 

意外と安定感があるのが北村友J。掲示板を外したのは2度だけ。

新潟記念はセンテリュオ(NF生産馬)に騎乗する。要注目だ。

 

2019薩摩ステークス予想

【見解】

◎グアン
⇒追切からここ標準。前走はマイル戦で度外視。
 このレースは歴史浅いものの4歳馬有利。
 チュウワウィザードと0.6差の経験あり。

 

〇エオリア
⇒前走は位置取りが原因。角田師は小倉得意で鞍上も川田Jなら。
 クラス慣れも十分。

 

▲メイショウワザシ
⇒今回2㎏斤量が増えるが小倉で2勝と相性◎。前走から先行力を生かせれば。
 鞍上乗り替わりも小倉リーディングでここ数年結果が出ている松山Jなら。

 

☆テーオーフォース
⇒出遅れの前走度外視。注目すべきは前々走の梅田S。
 スロー前残りの展開から直線の末脚で見せ場。
 右回りは3.0.0.6とピンパーなら一発ある。

 

△フィールドセンス
⇒現級崩れない強みも一押し足りない現状。この鞍上だけに取りこぼしも?
 ただヴェンジェンスに勝ったことやテルペリオンに0.3と実績は上位。

 

注ゼンノワスレガタミ
⇒栗CWを9分所馬なりで回って好時計。キンカメ産駒の内枠は買い。
 クラス慣れだけが心配。

 

穴キーグラウンド
⇒前走の白川郷Sは前がやりあう形となって先行馬に厳しい流れ。
 同じく先行したワザシと比較しても今回枠・斤量的が有利なのはこちら。
 

 

 

 

※netkeibaにも同じ記事を載せています。

休日・祝日開催の南関競馬で注目したい騎手

普段平日開催が中心の南関競馬ですが、たまに休日や祝日開催の時があります。

 

すると普段行けない層が多く来場するのでいつも以上に賑わっている印象。

 

騎手だって人間です。

 

いつもより大衆の目がある

良いとこ見せよう

好騎乗

 

という安直な(?)流れになるのではという仮説を立てました。

 

似たような話を現場に行ったときに、某場立ちの方が話されていたというのもきっかけです。

 

とりあえず昨年から今月まで、リーディング上位よりも中堅所を中心にまとめてみました。

 

(上位が勝つのは当然なので・・・)

 

f:id:maguregachi:20190723002209p:plain

3着内の数を集計しました。

 

 

和田騎手・本田騎手・張田騎手・柏木騎手の4人に注目したい。

 

 

そして上位ではとにかく笹川騎手!

 

御神本Jより馬券になっているのは凄い。

 

 

今週日曜日はまさに休日開催(in大井)

 

参考になれば幸いです。

 

2019福島テレビオープンは今年も面白い

今年も面白いメンバーが揃いました。

昨年は狙いに行き過ぎた・・・

前走大敗してる馬でも平気で馬券に絡む故難しい。

キョウヘイそろそろ結果が欲しいよなあ(泣)

 

 

【傾向】
馬齢:5・6歳

所属:栗東組(勝率13.7%、連対率23.5)

人気:ここ10年で1・3番人気勝利なし。4~6番人気位が手頃。

前走:着順不問。一つだけ言えることはダートや長距離、障害組がちらほら絡んでいる。タフな展開向きな馬がいいだろう。

血統:SS系も近年は絡むがダートでも走る血統が多い。あと案外ディープが来ているのは盲点として押さえたい。ロベルトなど欧州血統が目立つ故、とにかくタフ目な血統重視。
 
 
【見解】
近走リステッドで安定しているリライアブルエースが中心となるだろう。
タワーオブロンドン、プリモシーン、インディチャンプやパクスアメリカーナとも少差の経験。外枠で揉まれる心配もないし、仕掛け所1つ。

 

グレイルは小回り向きの差し馬故条件は好転。
長期休み明けなので馬体重次第で評価を決めたい。

 

馬場を味方にそろそろキョウヘイの出番があってもいい。
着順は目立たないが着差はわずかのレースが続いている。
今回は捲るみたいなので位置取り次第で浮上もあり得る。

 

穴としてミュゼエイリアン
延長がどうかだが稍重は2.0.0.0と血統含め馬場が合いそう。
ハナを主張するとすればこの馬なので同型少なく前残り警戒。

 

※netkeibaにも投稿しましたが自分の記録用にこちらにも載せています

魔境・船橋競馬について雑感(リーディングに活路?)

昨年まで得意としていた船橋が突如としてゲキムズ競馬になってしまった。

今年の6月には全面砂入れ替えもあり、また傾向が変わるかもしれない。

今回は内陸よりの砂らしく茶色が濃い砂となっている。

 

 

それにしても、連休開催というのも相まってか番組的にも今回の競馬は難しかった。

 

(国営ダートのほうがはるかに簡単に思えてきた・・・?)

 

詳しい研究は出来ていないが、最近船橋競馬を打っての雑感をまとめる。

 

 

①半周競馬より1周競馬のほうが難しい。

⇒難しいというより、フラットじゃない感じ。

 スプリント戦ならまだ差し馬にもチャンスあるが

 1周競馬特にマイル戦では前に行かなきゃお話にならない。

 

②距離が長いと差し馬用無し。

⇒①と被る。向こう正面から動かないとジ・エンド。

 昔は差し馬で稼がしてもらったから猶のこと勝手が違う感がある。

 とにかく前行く馬が基本線。状況にもよるが悩んだら内枠先行馬だろう。

 

③勝てる騎手重視(リーディング5位までは要注目)

⇒南関どこでもそうなんだが、難しい馬場故に得意とする騎手を重視するべき。

 あと地元騎手ね。

 

ちなみにリーディングデータを昨年と比較すると

 

2018                    
順位 騎手名 所属 騎乗回数 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 収得賞金(円)
1 森泰斗 船橋 381 68 72 70 171 17.80% 36.70% 199,527,500
2 御神本訓史 大井 194 54 36 17 87 27.80% 46.40% 216,330,000
3 矢野貴之 大井 322 44 38 44 196 13.70% 25.50% 141,310,000
4 張田昂 船橋 237 36 24 23 154 15.20% 25.30% 85,322,500
5 本田正重 船橋 325 32 41 41 211 9.80% 22.50% 110,897,500
6 笹川翼 大井 266 30 23 32 181 11.30% 19.90% 95,755,000
7 本橋孝太 船橋 175 27 15 19 114 15.40% 24.00% 63,720,000
8 左海誠二 船橋 216 26 22 20 148 12.00% 22.20% 99,200,000
9 真島大輔 大井 184 23 28 26 107 12.50% 27.70% 84,500,000
10 繁田健一 浦和 150 22 17 11 100 14.70% 26.00% 69,637,500

 

2019                    
順位 騎手名 所属 騎乗回数 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 収得賞金(円)
1 森泰斗 船橋 194 44 29 24 97 22.70% 37.60% 126,950,000
1 矢野貴之 大井 186 44 22 11 109 23.70% 35.50% 110,465,000
3 御神本訓史 大井 101 25 18 10 48 24.80% 42.60% 116,540,000
4 本橋孝太 船橋 170 24 13 19 114 14.10% 21.80% 62,075,000
5 左海誠二 船橋 138 17 17 17 87 12.30% 24.60% 51,685,000
6 石崎駿 船橋 103 15 21 13 54 14.60% 35.00% 66,335,000
7 山口達弥 船橋 73 14 6 8 45 19.20% 27.40% 31,525,000
8 本田正重 船橋 133 13 18 16 86 9.80% 23.30% 59,065,000
8 笹川翼 大井 137 13 13 22 89 9.50% 19.00% 50,905,000

 

地元船橋所属のジョッキーが占める割合が若干良くなっていることが分かる。

こんなに連対率良かったっけ・・・?

 

 

ちなみにリーディングトレーナーはどうだろうか。

2018                    
順位 調教師名 所属 出走回数 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 収得賞金(円)
1 小久保智 浦和 765 146 105 71 443 19.10% 32.80% 581,744,500
2 高月賢一 川崎 560 91 67 69 333 16.30% 28.20% 215,473,000
3 新井清重 船橋 560 81 67 72 340 14.50% 26.40% 172,479,000
4 藤田輝信 大井 354 80 45 40 189 22.60% 35.30% 310,535,000
5 矢野義幸 船橋 506 67 49 28 362 13.20% 22.90% 317,790,500
6 川島正一 船橋 376 62 61 48 205 16.50% 32.70% 304,309,500
7 森下淳平 大井 262 57 36 37 132 21.80% 35.50% 135,380,000
8 内田勝義 川崎 453 55 55 48 295 12.10% 24.30% 256,317,000
9 荒山勝徳 大井 317 51 50 45 171 16.10% 31.90% 244,835,000
9 佐々木仁 川崎 402 51 47 24 280 12.70% 24.40% 178,713,000

 

2019                    
順位 調教師名 所属 出走回数 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 収得賞金(円)
1 小久保智 浦和 386 83 44 30 229 21.50% 32.90% 370,581,000
2 新井清重 船橋 314 47 40 32 195 15.00% 27.70% 102,370,000
3 高月賢一 川崎 286 46 41 39 160 16.10% 30.40% 115,422,500
4 荒山勝徳 大井 172 39 25 22 86 22.70% 37.20% 146,940,000
5 林正人 船橋 242 33 30 30 149 13.60% 26.00% 93,461,000
5 藤田輝信 大井 187 33 27 21 106 17.60% 32.10% 135,570,000
7 川島正一 船橋 206 32 28 24 122 15.50% 29.10% 166,514,000
8 堀千亜樹 大井 212 30 22 23 137 14.20% 24.50% 104,952,500
8 内田勝義 川崎 228 30 12 27 159 13.20% 18.40% 123,641,000

 

地元の新井調教師と川崎の高月調教師が安定している。

これは軸選びでも重要になるのではないか?

 

 

2019七夕賞・短評

1:1枠1番はここ10年馬券外。福島の中距離はSS寄りの血統傾向で?

2:近2戦は大外や外目の枠。前走は度外視。SもHも不問の機動力を生かせれば。あとは相手関係か。

3:ハンデ重賞とはいえ1番人気は無視できないが、ルメールJを確保できないのは痛い。代役にしても格落ち。内枠キンカメ産駒は良い材料。

4:安定している近走だが脚質的にパンチ不足。一雨欲しい。

5:ムラがある成績だが、福島得意の戸崎Jを配してきたことはプラス。道悪でもやれる。休み明けのため馬体重に注目だ。

8:10場制覇をかけて福永J志願の騎乗。例年逃げ馬は厳しいレース。メンバー見ても恐らく番手なら勝機。斤量が気になる?

14:乗り替わりをどう判断するか。ロシュフォールに当初福永Jがタニノフランケルへ。三浦Jがブラックスピネルでいいのにロシュフォールへ。ベルキャニオン堀厩舎でなら石橋Jでいいところブラックスピネルへ。いずれにしても良い方に受け取りたい。力的には4戦連続コンマ差のレース故先行勢では有力では。

15:重賞の壁は時計的にないとみている。同じ捲り勢アウトライアーズよりも外枠ならこちらが有利か。追切も自己ベスト。

16:タフな右回りと好走条件。大外だがもまれる心配がないし、気難しい所があるのでこの馬のペースで行ける強みがある。


【結論】
難しいが、関西勢中心に。

◎クリノヤマトノオー
○ストロングタイタン
▲クレッシェンドラブ
☆ブラックスピネル
注アウトライアーズ
ロシュフォール
穴エンジニア

五稜郭S・短評(netkeibaに乗せたのですが文字化けでこちらへ・・・)

①前走は流す余裕。近走はコーナー4つの競馬で好走。今回1枠だが例年惜敗が多い枠。あとはクラスの壁。


④前走は乱暴な競馬。捲り失敗の次走が短縮なら良かったのだが距離延長。内枠を利すれば?ただ函館で乗れる吉田隼J。


⑤クラス慣れ的には上位。ソーグリッタリングに勝利やインディチャンプの3着。距離の心配だが、札幌2000で連対。函館2600でも5着。内枠のキンカメ産駒は買い。


⑥血統的には向きそうだが小回りの経験が乏しい。走法的にも?


⑦年齢的+障害帰りでどうかだが本来ヘリファルテに乗るはずの鞍上(現在函館リーディング1位)がここ。前から予約していたのだろうか。追切も熱心に跨る。血統的にも怖さ。


⑩キャリアが浅いものの現級で続けて2着。川田Jからの乗り替わりは?とも思う。ただラジオNikkei賞の上位馬を鑑みると力はある。


⑪クラス慣れが見込めず押し出された感の人気。


⑫堀厩舎は外人ジョッキーを乗せてこそ。素質馬だが・・・


⑭クラス慣れの点は良いが鞍上が買えない・・・


⑮Sペースの逃げ残りでも差のない6着だった前走。故に差し脚は安定。地元出身の騎手で?

 

今日の傾向を加味して・・・
◎ロライマ
○フィニフティ
▲マイハートビート
☆ウインイクシード
△ペルソナリテ
ジャズファンク