大井競馬の中心で半澤と叫ぶ

~血統傾向と独自のオッズ理論で攻める~

福島牝馬S展望(枠前)

明日新聞買ってからでもいいけど、備忘録的な感じで。

 

【傾向】

馬齢:4~5歳が中心。

枠:1~4枠。

ローテ:中山牝馬組優勢。(2~6着組)

血統:グレイソヴリン系が7割絡む。

   →これは福島が東京コースの作りと似ているからかも?

血統:サドラー、ND系の欧州血統やロベルトがよく走るように、

   福島1800はやはりタフなコースと言える。

展開:先行馬のちょい差しがセオリー。

 

【短評】

・カワキタエンカ

 間違いなくハナに行くだろうが、中山1800と比べると逃げ馬には不利。

 前走はSペースも味方した。中山牝馬の優勝馬が10年で未勝利。

 しかし1800は3.2.0.0と馬券内。悩む。

 

・キンショーユキヒメ

 去年からダート以外は差のない競馬が続いている。血統はサドラー系。

 秋山Jはこの馬を先行させていることもあり、うまく運べれば一発も。

 

・ゲッカコウ

 母父ロベルト。安定して先行出来るのは強み。福島も2.0.0.0と相性が良い。

 

デンコウアンジュ

 父サドラー。末脚を伸ばして馬券内みたいな馬は割と来ているのでヒモには。

 今回1ハロン距離が伸びるのは?

 

トーセンビクトリー

 有馬やAJCCで男馬相手に見せ場。そこでの経験が生かされるはず。

 1800は4.2.3.4。好位で運べる馬だし、有力候補。

 

ブラックオニキス

 近走見るとパッとしないが秋華賞や中山牝馬で低人気を覆しているように、

 軽視はできない存在。穴で一考。

 

・レイホーロマンス

 先週の福島メインを勝ったマイネルサージュと同じ血統。

 ここ8走は0.4以内と差が無い競馬が続く。岩崎Jの重賞勝利が見たい。

 

・ワンブレスアウェイ

 鞍上の津村Jは今年の福島リーディング1位。昇給して重賞の壁はあるが、

 着差以上に負けてない。前目で競馬できるし、血統面も問題ない。

 

【暫定】

強い相手と渡り歩いてきたトーセンが有力も、前走4角後方組が馬券になっている事を

考えるとレイホー、ワンブレスに食指。キンショーとゲッカコウが悩みどころ。

穴はブラックで良いだろう。あとは調教と枠見てから。

 

 

 

中山グランドJ観戦記(写真なくてすみません。。。)

いやー

 

これほどに感動したGⅠレースはディープの菊花賞以来。

 

それ以上かもしれない。

 

雨がちらつき始める中、王者の走りは異次元だった。

 

最後の直線に向いた時雨がピタリと止んだのは、きっと

 

競馬の神様に祝福されての事だろう。

 

去年のこのレースから障害重賞は8連勝。

 

しばらくこの記録は破られることはないに違いない。

 

事前予想の本命であったアップトゥデイトを始め、

 

勝負に行ったクランモンタナ、三着争いに絡んだルペールノエルや

ニホンピロバロンなど全ての人馬に敬意を表したい。

 

これを機に障害GIもう一つぐらい新設してもバチは当たらないと思う。

 

今から暮れの大障害が楽しみでならない。

 

2018皐月賞予想 ~この馬に期待!~

今週はいよいよ皐月賞ですね。

 

ダノンプレミアムが抜けても手堅く収まりそうですが、、、

 

気になる一頭はいる。でも多分ワグネかキタノを軸にするかな。

 

【傾向】

・外枠優勢。

・上がり1位で勝つのは名馬級。

 周知の事実だが持続力やタフさが要求される。

・前走は弥生、スプリング、共同組。

・前走2番人気以内で1着。4角7番手以内。

・母父ナスルーラ系の先行馬。

・サンデー×ミスプロ、ロベルト

 

【短評】

・タイムフライヤー

 ロベルト持ちなのは良いが前走負け過ぎ感。

 乗り替わりで鞍上弱化も宜しくないし、最内で

 馬券になったのは一度だけ。

 

ワグネリアン

 稍重想定なら馬券に入れる。稍重開催の皐月賞はエクリプスの血を

 内包している馬がよく馬券になる。鞍上からワールドエースの再来。

 

・ジャンダルム

 中山で安定しているものの突き抜けるほどの力がある 

 ように思えない。兄弟はダート馬や千直で走るように血 

 統にも疑問。

 

・キタノコマンドール

 前走の時計は過去10年で良い部類。鞍上が強化され

 るプラス話題性。姉は阪神の重馬場や宝塚でも結果

 が出ているからこの舞台に対応できる血統だと思う。

 

エポカドーロ

 今年のスプリングSはタイムが良くない。

 それにこの鞍上では。

 

・ケイティクレバー

 アイトーンよりはこちら。去年の4月青枠の

 ハービンジャー産駒がよく走った。

 

・オウケンムーン

 共同通信杯1.47.4の勝ち時計で6番人気で勝利は、

 ディーマジェスティと全く同じシチュエーション。

 最大の惑星候補。

 

・ジェネラーレウーノ

 あてにできない面があるも、中山2000の近走時計が

 弥生やホープフルを凌ぐタイム。しかも前走Hペースの 

 なか先行して優勝。また、今季中山で穴をあけている

 スクリーンヒーロー産駒。一発あるか。

 

・サンリヴァル

 重賞でも崩れない先行力は魅力。ただルーラー

 シップ産駒は父同様勝ちきることが難しい。

 

・ステルヴィオ

 良い枠に入ったと思う。前走の時計微妙も桜花 

 賞に引き続いてロードカナロア産駒とルメールJ

 で勢いはある。

 

【結論】

◎:ジェネラーレウーノ

○:ワグネリアン

▲:キタノコマンドール

☆:オウケンムーン

△:ステルヴィオ

穴:サンリヴァル

 

中山グランドJ予想(1週前)

今週の土曜日。

 

仲間との初JRA初G1観戦も、天気が思わしくないのが心配です。。。。

 

ではその当日中山グランドJが行われるので、早速動画をアップしました。

 

案外どちらに転ぶか分からないレースだと思う。

 

youtu.be

 

桜花賞予想(無茶な穴は狙いたくないが。。。)

今日の中山は風が強かったですね。。。。

 

メインのNZTでは穴指名のデルタバローズの複勝で少しプラス。

本命にしていたアイスフィヨルドは使いづめが気になり馬券を買わず、

オッズの動きが抜群に良く、血統と枠、調教からこの馬に。

やはりハナ差はドキドキする。

 

実は中山8Rで武藤Jのオペラハットを本命にするも大野Jに差される形でハナ差悶絶。

NZTではその逆パターンだったことを考えると最高に気持ちが良い。

 

では明日の桜花賞。以下の通りです

 

◎ラッキーライラック

○マウレア

▲アーモンドアイ

☆トーセンブレス

△フィニフティ

△リリーノーブル

スカーレットカラー

 

荒れ傾向にあるも8人気以内の決着が多い。

さらに中枠~外枠が優勢。

血統ではディープ産駒×母父ノーザンダンサー系の種牡馬が良い。

今日の阪神芝の血統傾向からも母父に欧州系血統が散見された。

前走はチューリップ組が圧倒。

Fレビュー組は1人気が馬券になる。今回参戦しておらず軽視。

中3~4週がベスト。

 

ちなみにラッキーライラックの取捨だが、桜花賞の1番人気で勝つのは難しく

アパパネブエナビスタなど後に名牝と呼ばれる馬ばかり。

この馬が馬券内に入れば十分だと思う。

 

予想が手堅過ぎるので穴でスカーレットカラーを。

前走は度外視。このレースの上位と過去差のない競馬をしている割に人気が無さすぎるように思う。

 

 

ニュージーランドT予想

難解すぎて勝ち馬は絞れない汗

 

思い切って3連単ボックスでも面白い所。

 

以下、現段階の結論です。

 

f:id:maguregachi:20180406234703p:plain

 

ローテと枠重視で決めました。

 

このレースは中山マイルらしく内枠有利かつ中2週以内の成績が良い。

血統ではノーザンダンサー(大)系統、ミスプロ、ロベルトの活躍が目立つ。

 

印は薄いがファストアプローチに熱視線。

間隔が空き過ぎているものの、中山を知り尽くす田辺Jに替わるのはプラス。

札幌や中山2000でよく走れているだけに、雨でタフさが増した明日の中山なら

良い走りができるのでは。

 

コスモかエントで悩んだが、前者は中山不向きで消し。

後者はローテ、枠も良く兄弟に阪神JF3着のブランボヌール

 

印を書ききれなかったが、穴でデルタバローズ。

父の半兄がUAEダービーを圧勝したメンデルスゾーン。鉄砲も利く。

 

中山の血統傾向(4月開催)

冬に続き、中山の血統傾向。芝中距離に限定。

f:id:maguregachi:20180329223045p:plain

 

見づらくてすみません汗

 

傾向として4枠のハービンジャー、8枠のサンデー。

サンデー系でもディープ、ステゴ、ダイワが主流。

 

最終週も絡んでか、欧州系やダート系も目立つ。