ハナ差で勝つ!!!

JRA、南関競馬中心の予想・研究ブログ

2018ハイセイコー記念予想

【メモ】

・外枠の成績が良い。5・7・8枠。

・単は4番人気以内が妥当。

船橋、大井所属馬に良績。

・前走1、2着。

・前走4角1・4・5番手。

 

【結論】

ラプラス

⇒1頭だけ脚色が違う。前走は+13㎏。一叩きしてここが照準と見た。

 今を時めくノーザンF天栄を使っていることも加味。

 

シビックヴァーゴ

⇒笹川Jが自厩舎の馬を選択したことや本命馬と好勝負を演じてきたことから評価。

 前走前々走で大外発走が今回最内でどう影響するか。

 

▲グラビテーション

⇒叩き4戦目。前走は相手が強いものの、平和賞を勝ったヒカリオーソに先着。

 展開的にもよく食い込んだとみている。

 

☆チューダ

⇒大井のマイルで場数を踏んでいることに好感。叩き三戦目。

 

△トーセンボルガ

⇒森J×小久保厩舎なら、というところ。

 外枠不利の浦和1500を9頭立てとはいえ大外枠から勝ったこと。

 また前走は+11㎏。成長分とみてもいいのでは。

 

穴ハナズボンダイ

⇒大井で達城J×内枠は注意。

 前走の大井1400の時計だけみれば案外差はない。

 ただマイルでの時計が物足らないので半ば希望観測的な穴馬・・・

 

20181112 大井12R ベテルギウス賞競走B3四選抜特別予想

【短評】

 

デルマヨタロウ

成績は1200に集中。重馬場も悪くない。 ただ押せる要素がない。短距離最内枠の差し馬というのも?


チェリースプリング

門別デビュー組。門別時代もH3で結果が出ている。 転入後は時計も詰めている。叩き三戦目。近走は展開不向きで好走。

 

カワナ

門別デビュー組。長い間1500~1600がメインだったがもともとはスプリンター。 川崎のスプリント戦で恰好はついたからこちらということか。だが鞍上から勝負しにくい。

 

ラッキービスケット

穴目だが叩き三戦目で時計を確実に詰めてきており無視はできない。

 

シンボリマティス

前走高知を使った意味が分からないが的場J乗り替わりは100%馬券内で時計も優秀。 この時期もよく走る。重馬場得意。

 

ゼロワンチャンプ

年齢的な面と新味期待での1200も成績が芳しくなく・・・

 

トレースイスラ

前走唯一残った先行勢。叩き三戦目。時計も持っている。 ただもう少しクラス慣れ?

 

ロイヤルサーティン

達城Jと森Jで乗り回しているが、仲良く勝ちを分け合っている形。 今回は森Jで結果を出す番か。時計も持っているし重馬場も走る。有力。

 

ビヨンドボーダーズ

鞍上は昨年から大井で勝ち星ない故消しも人気しすぎで怖いところも。 川崎の900といえばこの鞍上ということもあるようにテンで行ける脚や前走は調教代わりに使ったようなフシ。

 

ブラウンカイ

単万も視野に入れたい。4走前3着と似たような使い方。鞍上は今年去年の倍の勝ち星を挙げていることも考慮。


フィランソロフィー

門別デビュー組。転入二戦目は先行馬は止まる展開で残しての2着。良馬場のほうがいいが・・・

 

サブノプリンセス

クラス慣れ?叩き三戦目も展開待ちの馬で・・・

 

ハウマーナ

またしても門別デビュー組。大井は叩き台。あくまで地元照準の馬。さらに主戦が別の馬に乗ったとあれば。

 

【結論】

◎チェリースプリング

○ロイヤルサーティン

▲トレースイスラ

☆カワナ

△シンボリマティス

フィランソロフィー

穴ラッキービスケット

 

ファイナルレースC1-7記者選抜予想

高知競馬に造詣が深い方の影響で簡単に予想してみる。

 

【短評】

 

オメガグランディス

先行力光る。勝ちの間隔的にもそろそろ走りごろ。永森Jは別の雑賀厩舎だがオカタクでも十分気配ある。連闘も◎ 。

 

ロイヤルジレンマ

もともと上位クラスで黒潮菊花賞2着がある。 勝負所は倉兼Jに任せる傾向あり。ファイナルレースは前回が初勝利。

 

セイユニコーン

初ファイナル。ここ30戦で結果が出ている杉浦氏の馬だが那俄性厩舎の時が買い。

 

スカイオブメイ

典型的ファイナル照準馬。雑賀厩舎にも関わらず永森J初騎乗はここも狙いにくるか。 特にこのコンビはファイナルで好成績。


カノヤルジャンドル

赤岡Jと自厩舎は普段買えないものの、ファイナルでは別。 この馬は赤岡乗り替わり好成績。ただ2.3着が多い。


ライジングスター

消せる。鞍上×厩舎や臨戦態勢から。 マジェスティガール 厩舎的に上田Jとのコンビが最良で・・・


フユハナビ

悪くはないが、勝ちパターンの郷間Jでも最近ダメすぎる。故にファイナル狙いかとも考えているがそれにしても・・・

 

ダイワプロシード

上位人気で佐原J×那俄性コンビは好成績。 この馬にこの騎手はそれほど目立った成績はないが ファイナルでよく勝つジョッキーなので久々の鞍上となると勝負気配。


スナイドル

消せる。鞍上×厩舎や臨戦態勢から。


キャンティ

実績的にもっとやれてもおかしくない。 凡走続きも掲示板付近で纏め、近走内枠ばかりだったが今回外枠をとってきたことは好感。 先行力生かしてどこまで。


エイシンルフィー

西川Jが乗った時はよく先行する上、主戦よりも馬券に絡む傾向。 近走ファイナル照準の傾向がみられ、一発が怖い。

 

【メモ】

予想される先行勢:4.5.10.11.12

傾向:先行+SS産駒

 

【結論】

◎オメガグランディス

キャンティ

▲ダイワプロシード

エイシンルフィー

△カノヤルジャンドル

注ロイヤルジレンマ

穴スカイオブメイ

 

 

 

ダート戦におけるバトルプラン産駒外枠有利は本当なのか検証してみた。

ダートを主戦場にしている身として、表題について実感としてあるが

気のせいかも知れないので検証してみた。

 

【抽出条件】

・地方中央問わないがダート戦のみ

・1着馬のみ

・総数216頭

 

 

 

 

では単純に枠から見ていこう。

f:id:maguregachi:20181106222223p:plain

7枠が1つ抜けているものの、あからさまに外枠で走るといったことではなさそう。

少なくとも最内よりは外が良さげ。

 

 

 

 

 

次は外枠で1着だった際の馬場状態を見てみよう。

f:id:maguregachi:20181106222521p:plain

青が1着馬。オレンジが外枠の馬。棒グラフは1着馬が外枠だった時の割合。

 

断然良馬場に成績が集まっているが、重馬場の時は外枠の割合が高くなっている。

 

 

 

 

最後に距離別成績。こちらも外枠と絡めた。

f:id:maguregachi:20181106222837p:plain

青が1着馬。オレンジが外枠の馬。棒グラフは1着馬が外枠だった時の割合。

 

1300~1400でこそ買い。この距離が多い地方競馬で生かしたいところ。

極端な距離では数字が少ないものの、外枠の割合が高くなっている。

 

 

 

【結論】

たぶん気のせい(汗)

極端な傾向って訳でもないしね。

 

ただ調査したことで買いどころが分かったこともある。

米国系の良血馬でまだ若いし、砂で花開いてほしい。

 

 

2018マイルグランプリ予想

元中央馬も多いが南関の中心馬が揃った今回。

Jpn1とかS1と呼んでもふさわしい一戦。

 

大荒れはないレースなので、実力馬中心に予想を。

もしこのままのオッズなら買ってもいいレースだが

直前にはもっと落ちるだろう。

 

【結論】

リッカルド

 ⇒大外枠と58㎏という斤量(過去58㎏での勝利がない)が不安だが

  転入後、先行して終いも脚色が衰えないのはこの馬の大きな武器。

  陣営は遠征後のケアに専念して状態を上げてきたことがわかるような

  パワフルな追切が印象的。

  矢野Jが本番前に疾病とのことだが、もし明日跨るのであれば注目したい。

  

○ヒガシウィルウィン

 ⇒南関生え抜きNo.1。船橋所属も大井のほうが良績を集めている。

  苦手な船橋を一叩きして大井に戻り、強力な中央勢ともまれた経験も後押し。

  追切では沈み込むようなフォームでいい走りを見せた。

 

▲オメガヴェンデッタ

 ⇒マイル適性を重視すれば逆転があってもいい。

  大型馬がよく走るレースかつ前走マイルのローテも好感。

  涼しい時期に好走する傾向があり大井所属馬は過去7勝。

  人気所で唯一の大井所属馬。真島J×荒山厩舎の黄金コンビで頑張ってほしい。

 

アルマワイオリ

 ⇒まだ未知数なところはあるが中央時代、朝日杯やマイル重賞で好走した実績があり

  マイル戦への適正はあると思う。

 

穴トロヴァオ

 ⇒この時期は3.0.0.3と相性がよく追切もいい動きを見せた。

  門別デビュー後、クラシックでも安定した走りを見せた馬であり

  年齢的にもまだやれるはず。当時の主戦の本田Jに戻り変わり身を期待。

 

 

 

【雑感】今年の天皇賞(秋)から思ったこと。

盛岡競馬で巻き返したものの、

 

中央競馬で勝てない理由が今回の秋天で明確になった気がする。

 

以下、中央でも結果を出すために今一度考えたい。

 

 

JRAで勝つために意識したいこと~

 

その1:外人騎手を嫌わない

⇒馬券が希望的観測になる最たる原因。

 「また外人か・・・」

 と漏らすことが多いが、勝てる馬を選ぶなら逆らってはいけないはず。

 特に重賞は。

 現に、地方競馬では勝つ騎手がある程度決まっていてそれを軸に馬券を

 組み立てるはず。中央はそれが外人ということだけで、

 やっていることは変わらない。

 確かにオッズ的な旨味はないことが多いが、

 なければ打たなきゃいいだけで或いは

 外人騎手が出走しないレースを選択すれば良いだけのこと。

 

その2:過去傾向<現在の傾向

⇒転換期なのか、定説が覆されてきている。特に臨戦態勢。

 参考程度にとどめておくべき。それよりも

 今週、今日の傾向。鮮度の良さを重視したい。

 実際マカヒキかサングレーザーかというところまではOKだったのだから。

 

その3:これからのトレンド、外厩

⇒特にG1で勝つためには無視できない。最近はその傾向が顕著。

 平場は正直それほど意識していないので分からないが

 名のある重賞で勝つには必ずチェックしたい。特にノーザン系。

 

 

以上!

 

 

 

2018天皇賞(秋)予想 ~この2頭で勝負~

最近、希望的観測で馬券を買いがち。

勝てる馬を選ばないとね。

 

さて秋天の予想です。

 

今回はデータメインで。

 

 

外厩
断然NF系。次に山元。

前者はしがらきが良く、今を時めく天栄にも注意を払いたい

該当馬
ヴィブロス
レイデオロ(天栄)
・スワーヴリチャード
マカヒキ(天栄)
アルアイン
・ダンビュライト
・ミッキーロケット

 

【人気】
1番人気が断然。
穴はヒモからだが5番人気の逆転があるので当日の人気も注意。

 

【血統】
父系ではSS(スタミナ系)ロベルトやミスプロトニービン系。
勝ちきるにはタフさを持った系統が必要になる。
母父ではナスルーラ系。

最近の東京2000の血統傾向から

圧倒的にSS血統。こちらを中心視したい。

 

【枠・馬番】
コース上7・8枠は厳しい。
基本一桁の馬番からだが、12番だけは注意。

 

 

以上から絞った馬が以下。

 

ヴィブロス

スワーヴリチャード

マカヒキ

アルアイン

 

 

ここから前走内容で2頭に絞る。

 

◎スワーヴリチャード

現役最強馬を嫌う必要はない。

安田記念では勝馬とほぼ同じ進路を通っていたが、

直線で進路を内外フラフラ。

そのロスが響いても3着なのだから力は間違いない。

 

アルアイン

前走はSペースとはいえ先行勢が壊滅。

時計はここ10年で2番目で枠の有利があったとはいえ、

そのなかで先行出来ていたのは良い内容だった。

国内で2000~2400の重賞は全て0.3以内の競馬で安定感がある。

母父にナスルーラが内包されていることも好感。

追切も馬なりで良い時計を出している。

秋競馬こそ外人旋風だが今年のGIはバランスよく日本人ジョッキーが勝っていたし

藤岡佑Jの初勝利や和田Jの久々の勝利があった。

力をつけてきた北村友Jの初G1勝利に期待がかかる。

 

ヴィブロスは前走直線での不利や道中かかりながら4着。

しかも今回は得意の左回りのワンターン競馬で悩んだが

友道厩舎はここぞで厩舎仕上げをする傾向。

おそらく香港で有終の美では?

 

マカヒキは、勝ったら出来すぎのドラマ。

ただ天栄仕上げで鞍上が盾男武豊J。GI連続3着と調子のいい所は怖い。