2017~2018における、中山ダート(冬期)血統傾向。

12月から1月最終手前までの馬券内の血統を調査してみた。

 

まず系統から。

 

主流はミスプロ、サンデー。

f:id:maguregachi:20180118224214p:plain

 

 

穴はリファード、ボールドルーラー、ヘイロー(サンデー系統もいるかもだが勘弁)

ダンジグ、グレイソヴリン。

 

f:id:maguregachi:20180118224308p:plain

 

では父馬はどうか。

 

オッズ二桁台に注目すると、

 

ミスプロサウスヴィグラス

サンデー:キンシャサノキセキ

ボールドルーラーシニスターミニスター

ヘイロー:メイショウボーラ―

 

今週は中山最終週。是非お役立て下さい。

 

 

博打打ち必携2

今まで様々な競馬本を読んできた。

 

手元に6冊あって、売ったのもあるからまあ30冊程度読んだ程度だが

 

自分に足りないのはテクニックではなく

 

精神論的なところに原因があるのではないかと思う。

 

そこで手に取ったのがこの本。

 

こういうの買った時点で負けじゃね?

 

って思う人もいるかもしれないが

 

自分は胸を張れる博打打ちになりたいという目標がある。

 

どんなものでも吸収したいし

 

何よりプロとして食っている人の考えを知り

 

学ぶしかないと考えている。

 

特に印象に残ったのは直感のくだり。

 

良い直感なのか悪い直感なのかの判断を活字にできるなんて

 

凄いことだと思う。

 

あと運について。

 

運と実力は別物として考えているとのこと。

 

不確定な運に左右されず実力を身に付けることは

 

大切だと感じた。

 

とにかく出来そうなところを実践あるのみ。

 

 

 

まあ、

 

 

一通り読み終えただけだが、武者震いというか

 

 

 

 

博打が上手くなりてえ。

 

 

 

 

 

その気持ちだけ純粋に湧き起ってきた。

 

打ち筋はまだまだだが、気持ちの面から

 

俺はプロだと言い聞かせて

 

奮い立たせたい。

 

そしていつか高みに登りたい。

 

大それた夢かもしれないが・・・・・・・・・

 

 

 

ハットラブが買えない ~オッズの推移で見えてくる?~

土曜の4歳1000万、中山ダ1200。

 

こういうのが当てられないとなあ。。。

 

枠が偏っていて(1.2.3.6枠)

 

血統も加味すると選べるのは二頭しかなくて。

 

スビールアスールか

ハットラブ。

 

後者は馬体が緩く、叩いてからしかも休み明けという事で切ったら。。。。。

 

一着です(涙)

 

こんなのばっかりで凹みますが、

 

この事象をあと一歩とみるか博才がないとみるか。

 

ちなみにオッズはこんなんでした。

 

f:id:maguregachi:20180114192339p:plain

f:id:maguregachi:20180114192419p:plain

 

ハットラブ97.7→30.8→43.7(最終)

マンカストラップも131.7→59.9→76.0(最終)

 

地方と同じで最近オッズを追っかけて始めたが、

どうもこういった流れは無視できない。

 

株とかFXみたいにオッズの動きをグラフにできたらなあ。

成人式当日の中山データ

金杯は行きません。

 

人が多そうだから汗。

 

成人式当日のデータを集めてみた。

 

ただ開催にもバラつきがあるので何とも言えないが

 

f:id:maguregachi:20180103212212p:plain

 

ミスプロ系はやはり強い。サンデー系でも主流じゃない系統ならいい。

枠はそんなに拘らなくてもいいのでは?

騎手は田中J、田辺J、戸崎Jあたりを。

 

元旦勝負(川崎)

今年一発目の博打。

 

 

 

 

 

是が非でもという思いが先走るが、勝ちに行って勝つことは皆無に等しい。

 

欲を無くすことは当然皆知っていることだが

 

では”欲を無くす”とはどういった買い方なのか

 

学ばせてもらったレースが今日の川崎8R。

 

今まで通り10万以上の払い戻しを目指すのであれば

 

テンエイアースを本命にしていたことだろう。

 

今までの走りを追うと中野Jに乗り替わりは明らかにプラスだし

 

時計もあるし調教も良かった。

 

ただ、地方競馬で早々20倍台の単勝が来ない事は明らかで

 

狙いに行くかどうかの判断は難しかった。

 

そこで注目したのがオルデトワール。

 

川崎1.1データでは吉原Jの勝ち数が毎年この開催で目立っていることは知っていたし

 

一叩きして走り頃。

 

同馬の冬場の成績が3.0.0.2。その殆どの鞍上が吉原Jであるならば

 

こちらを選ぶのが当然。

 

結果ハナ差の勝利。

 

 

 

 

 

 

テンエイアースが2着だったことを考えるとファインプレーだったと思う。

(自分でいうのもなんだが)

 

最近不調気味の中野J。

 

今日の乗りっぷりを見るに、やはり天才と言うところ。

 

かなりヒヤヒヤさせられた汗

 

 

とにかく、この博打で身に染みて感じたのは

 

 

×欲を出す=買いたい馬券

◎欲を捨てる=勝てる馬券

 

これに尽きる。

 

この当たり前を積み重ねて、今年は勝っていきたい。

 

 

 

 

※追伸

しかし、6Rのデルマミダレガミのオッズはかなり異常な動きだった。

 

50倍からぐんぐん低くなり、一時は9倍台まで。

 

インサイダーの投票かと思われる客も少なからずいたのでは?

 

結果20倍台に落ち着いたがこれで大敗。

 

スタートは良かったからもしかすると次走が狙い目かも?

本年はありがとうございました。

今年からブログを書き始め、700近いアクセスで終えることとなりました。

 

普通のブロガーにとっては少ない数字かもしれませんが、

半チクもんの私にとってはこの上なく有り難いことです。

 

いつも読んで頂いている方々、本当にありがとうございます。

 

早速ですが、明日は競馬始め。川崎2、6、8Rを攻めます。

 

初笑い出来るように頑張ります。

 

来年も、目標である単勝での帯封目指して

 

博打道を邁進し、常に一つ上を狙い熱を持って

 

成長していきたいと思います。

 

来年も何卒宜しくお願い致します。

1.1川崎データ

元旦川崎データを簡単に。

悔しさでちゃちゃっと作りました。

 

f:id:maguregachi:20171230165003p:plain

 

基本Cクラスで勝負。旨味あるのは非川崎所属の主力騎手以外のメンバーが穴をあけるイメージ。前半戦で決着を。

 

ついでに騎手と調教師。

f:id:maguregachi:20171230223417p:plain

騎手には偏りがありそう。

是非参考に。